HOME > ブログ > ゴルフ練習器具ゴルフスイングトレーナーを使ってみた!
2022/09/07

ゴルフ練習器具ゴルフスイングトレーナーを使ってみた!

  • LINEで送る
ゴルフスィングトレーナー

今回は、Bforce Golf Academy代表 石井秀昌(ヒデGOL)さんにゴルフ練習器具ゴルフスイングトレーナーを使用した感想をお聞きしてきました!


ゴルフスイングトレーナーとは?


ゴルフスィングトレーナーの使用方法

こちらの練習器具を販売しているのはフランスの会社Golf4You。

バックスイングでのヒンジの動きを調整し、フィニッシュポジション前のインパクト時の動きを形づけてくれるゴルフトレーニング補助器具です。
リストバンドとグリップの先に取り付ける器具がセットになっていて、トップポジション時からインパクトまで、できる限り左腕にくっつけて下ろしてくるのがポイントです。
価格は3,250円、場所を取らないので自宅での素振りや持ち運びにも便利ですね!

ご購入はこちら⇒ https://onl.sc/UqV5Qye


ヒデGOLさんにインタビュー


ゴルフスィングトレーナーレビュー

Q:実際に使った時の第一印象は?

A:まず第一印象は、目指している動きを極端に教えてくれる練習器具だと感じました。この練習器具を使うことによって身体の動かし方がわからない人は特に効果を感じられるのではないかと思います。
レッスンをしていても口頭だけでは伝わりにくかったり、同じ言葉でも人によっては違う意味にとらえてしまう場合もあるので、練習器具を通して身体で実感できるのはとても良いと思います。


Q:どんな方にどんな効果があると思いますか?

A:初心者の方やアマチュアの方に多いのは手首のコッキングが少ないスイングです。そうすると身体が突っ込んでダフってしまったり、飛距離が伸び悩む原因にもなってしまいます。そのようなスイングで悩んでいる方にはゴルフスィングトレーナーはおすすめできそうですね。
テイクバックからインパクト時まで、できる限り左腕に練習器具をくっつけてスイングすることによって、コッキングの意識やフェース面の意識の仕方が身についてくると思います。その意識ができるようになると飛距離アップや方向性の安定にも繋がってきます。

では実際に悪い例と良い例を比較してみましょう。

(悪い例)

テイクバックでコッキングが解けているため、ここから良いインパクトまで持っていくのはかなり難しいですね。身体が突っ込んでしまったり、手が身体と離れてしまったり、色々な代償動作が起こります。

ゴルフスイング悪い例
ゴルフスイング悪い例

(良い例)

テイクバック時にしっかり左腕にゴルフスイングトレーナーがくっついているので身体の連動で理想のインパクトをむかえることができます。慣れない動作なので、最初は軽い素振りから身体で感覚を感じるようにするとよいと思います。

ゴルフスィングトレーナー良い例
ゴルフスィングトレーナー良い例

Q:今後どのように使用していきたいですか?

A:年齢や性別を問わず使用できる練習器具なので、私が行っているレッスンでも悩みに合う方がいれば活用していきたいと思います。自宅や練習場でも簡単に取り付けられるので、同じお悩みを抱えている方は試してみても良いと思います。練習器具などを通じて自分に合ったスイングへのヒントをつかめるとよいですね!


文:ライター 和奏

 

  • LINEで送る

おすすめ記事

人気記事ランキング

もっと見る