HOME > ブログ > トレーニング用のミニバンドがゴルフ練習で大活躍!?
2022/09/02

トレーニング用のミニバンドがゴルフ練習で大活躍!?

  • LINEで送る
ミニバンドトレーニング用をゴルフに活用

皆さんこんにちは、アッキー永井です。最近インスタグラムではゴルフ歴が浅いのにきれいなスイングをされている方々をよく見かけます。

羨ましさと嫉妬を感じずにはいられませんが、これも良い情報が簡単に手に入るようになった恩恵なのかもしれませんね!ということで私は今日もちょっとだけ役に立つ記事を書こうと自らを奮い立てております(笑

さて、今回ご紹介したいのは「ミニバンド」というものです。どこのメーカーのものでも構いませんが、これ実はゴルフ用というよりはトレーニング用品なのです。広げると小さな輪になっており、この中に両腕を通したり、両脚を通したり、またはこのバンドをどこかに引っかけて使うものです。
とても手軽なグッズでいろんな部位のトレーニングに使えるのですでにお使いの方も多いのではないでしょうか。

みんなが嫌いなスイングのNGを直せる

ミニバンドをいくつかの使い方をすることで代表的なスイングエラーを直すことができるかもしれません。とくにおすすめなのがスウェイ、チキンウイング(肘引け)を直す使い方です。

スウェイを直して力強いスイングに!

「スウェイ」とはスイング中に腰の位置が左右に動いてしまうことで、腰が動きすぎると体重移動は行われるものの足が踏ん張れず力を伝えられなくなることです。

このスウェイが発生する原因のひとつに、膝が寄りすぎてしまうというものがあります。本来であれば左右の膝が前後に入れ違うことで腰が回転しますが、体重移動につられてつい膝が横へ入ると腰が横移動してしまうのです。この膝の横の動きをミニバンドで抑えることができます。

写真のように膝の少し上、太ももに通します。あとはスイング中に太ももの間の空間をなくさないようにスイングするだけ!これを何度か繰り返すうちにその場でクルっと回転させる感覚がわかってきます!


スウェイの例               太ももにミニバンドを通す

バックスイング              フォロー

チキンウイングを直してきれいで安定したスイングに!


「チキンウイング」とはスイングをしてフォロースルーの時に左肘が引けてしまうことです。左肘が引けた形がニワトリの羽のようだということでこの名前になったそうですが、そんなにニワトリの羽を観察したことがないのでピンとこない人も多いですよね(汗

この症状が出てしまうとスイングが小さくなるので様々なミスを引き起こします。ボールの頭を打ったり、ヒッカケたり、スライスしたりとありがちなミスのオンパレードです。これもまたミニバンドで直すことができるんです!

写真のようにまずはミニバンドの中に左腕と頭を通します。たすき掛けを左側にする要領です。次にミニバンドを左手の親指と人差し指の間に引っかけてそのままクラブをグリップします。こうすることでミニバンドは常に腕を縮めようとする力をかけますので、これに抵抗して腕を長い状態をキープします。この感覚のままスイングをしていくと腕が伸びたきれいなスイングができるのです。

ポイントはミニバンドの硬さをできるだけ柔らかいものでやるということです。あまりにも縮む力が強すぎると指の間が痛くなってしまいますので注意してください。


ゴルフに効くトレーニングにも使える

本来の用途であるトレーニング面でもゴルファーに有効なメニューがたくさんあります。今回は2つだけ代表的なものをご紹介したいと思います。

肩甲骨を引き付ける筋力

肩甲骨を背中側で引き寄せる力がゴルフのスイングではとても大切。この可動域と力がないと大きなスイングができません。主に使うのは菱形筋という肩甲骨と背骨をつなぐ筋肉です。

やり方はシンプルで、体の前で腕を“前ならえ”の形にしてミニバンドに両腕を通します。

そこから横いっぱいに腕を広げていくだけです。もちろん背中側に意識を向けて行いましょう。

細かいポイントとして、肘は常に地面を指すようにしましょう。肘が外に向くと二の腕(上腕三頭筋)に効いてしまいます。広げるときは普通のスピード、元の形に戻すときにゆっくりやるととても効果的です。

お尻の筋肉

ゴルフスイングの要ともいえるのがお尻の筋肉(殿筋群)です。この筋肉がないとしっかり踏ん張ることができず、力を十分に上半身へ伝えることができません。これもやり方はシンプルです。

ミニバンドに両足を通したら、片方の足に体重をかけて片足立ちの状態を作ります。そこから浮いている方の足を広げていきます。角度でいうと30度くらいも上げればかなり効いているはずです。はじめはバランスをとるのが難しいので何かに掴まって行うとよいでしょう。狙いはお尻に効かせることですので何かに掴まっても効果は変わらないのでご安心を。

ポイントとしては脚を付け根から動かすことで、ついつい上体の側屈で脚を上げようとすると腹斜筋など別の部位に効いてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか、ミニバンドの可能性広がりましたか!?

ゴルフ用の練習器具じゃなくてもまだまだ使えるものたくさんあるかもしれませんね。皆さんもぜひあれやこれやと試してみることをお勧めします。もしかしてアイデア商品発明しちゃったりするかも。

ミニバンドはインターネットで買えるものでもお店で売っているものでも大丈夫です。大体2,000円~4,000円くらいするのが普通でそれ以下だと安いと思います。どれくらいの強度が自分に合うのか初めはわかりませんので、可能であれば5段階の強度がある5本セットのものを買うと良いと思います。ぜひ皆さんも試してみてください!

文:ライター アッキー永井

 

  • LINEで送る

おすすめ記事

人気記事ランキング

もっと見る