HOME > ブログ > アライメントトレーナーでスイング軌道を整えよう!
2022/07/20

アライメントトレーナーでスイング軌道を整えよう!

  • LINEで送る
ゴルフ練習器具アライメントトレーナー

アウトサイドイン軌道、インサイドアウト軌道、どちらもその度合いが強すぎると、球の曲がりにも影響します。フェース面が約80%球の打ち出しに影響しているといわれていますが、そのフェースをコントロールするために、軌道を調整することは大切になってきます。今回は、アライメントトレーナーを購入して試してみました。

アライメントトレーナー


ゴルフ練習器具アライメントトレーナー


アライメントトレーナーの赤色の棒は、柔らかい素材でできているので万が一スイング中にあたったとしても、ケガの心配はないと思います。

取り付けについては、マジックテープになっているので簡単にとったり、はずしたりが可能です。実際に4本の棒を立てみました。

ゴルフ練習器具アライメントトレーナー


ウェッジで試してみましたが、結構圧迫感がありました。

私の場合、身長が165㎝なので短いクラブでないと、右手前のスティックに当てることなくスイングするのは難しいと思いました。当然ですが、その理由は長いクラブになるほど、スイングの軌道はフラットになるためです。短いクラブであれば、アップライト軌道になるため軌道はストレートに近づきます。実際に練習してみると、普段と違う動きになるので矯正されている感じがしました。

ゴルフ練習器具アライメントトレーナー


練習としては、4本立てるよりも、2本立てるだけでもいいと思います。

ゴルフ練習器具アライメントトレーナー


インサイドアウトの軌道を作るのであれば、下記のようなスティックの配置になります。私は、インサイドアウトの軌道が強いので、これは全く気になりませんでした。

ゴルフ練習器具アライメントトレーナー インサイドアウトトレーニング


反対にアウトサイドイン軌道を作りたい場合は下記のような配置になります。

この配置はとても気になりました。それくらい、インサイドからクラブがきているのだなと思いました。

ゴルフ練習器具アライメントトレーナー アウトサイドイントレーニング


練習としては、いきなりフルスイングではなく、アプローチからやってみたり、ショートスイング、ハーフスイング、スリークォーター、フルショットという順番にスイングの大きさを大きくしていくのがおススメです。赤い棒が柔らかい素材だとはいえ、やはり当たってしまうとどうしても怖くて打てなくなることもあります。なので、小さいスイングから当たらないように確認しながら練習してみてください。

またすべてのスティックを取り外すことで、パッティングの練習にも使うことが可能になります。一つの練習器具でショットもパターもできるのはすごくいいですね!

ボードは鏡になっているので、パッティングミラーとして使えます。

ゴルフ練習器具アライメントトレーナー パッティングミラー仕様


重量は475gなので、持ち運びについても苦になりませんし、専用の袋がついてきます。ゴルフ練習場でも使えるものなので、スイング軌道の修正をしたい方には、とてもいいアイテムだと思います。金額は3,980円税込。練習器具としてはとてもお手頃です。

こちらの商品は「アライメントトレーナー」で検索していただくと見つかります。

文:ライター ゆき

 

  • LINEで送る

おすすめ記事

人気記事ランキング

もっと見る