HOME > ブログ > ゴルフコンペの後のお礼メールの送り方
2022/02/25

ゴルフコンペの後のお礼メールの送り方

  • LINEで送る
ゴルフの後のビジネスメールの送り方

会社のコンペなどは特に、多くの方の印象に残るチャンスですが、ゴルフコンペの後のメールの送り方に迷ったことはありませんか?

ゴルフコンペの後のお礼メールの書き方のポイントを例文も交えてご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてください!


メールを送る時間帯


ゴルフコンペの後のメールの送り方(送る時間帯)


まず、どんな文章であろうと相手のことを考えた時間帯にメールを送信しましょう。

人は少し時間が経ってからの言葉の方が記憶に残りやすいと言われています。
帰ってすぐだと疲れているかもしれないので、メールの送信は翌日の相手にとって最適な時間帯にしましょう。
午前中が比較的ベストかもしれません。


件名は簡潔にしよう!


いくらメールを送る時間帯を考慮しても、相手の忙しい時やお休みの時に届いてしまうこともあります。
相手にストレスを与えないためにも件名はとても便利なものです。
お礼のメールだとすぐにわかるように件名は「ゴルフコンペのお礼」となるべくわかりやすく簡潔にしましょう。


内容のポイント


はじめにきちんとお礼の文章をいれましょう。

招待した側、招待された側、立場は様々ですが、お礼メールなので初めにきちんとお礼の文章を入れるのが大切です。

写真など撮影した場合は写真も添付、または郵送したと伝えるようにしましょう。

招待した方の場合は、下記の例文を参考にしてみてください。


件名:ゴルフコンペのお礼

(会社名相手の名前)様

いつもお世話になっております。(会社名自分の名前)です。

先日は大変お忙しい中、ゴルフコンペにご参加いただき誠にありがとうございました。

〇〇様とのラウンドはとても有意義な体験でした。特に17番ホールでの見事なドライバーショット、圧巻されました。

ゴルフだけでなく、ビジネスに関しても貴重なアドバイスをいただくことができ、大変感謝しております。

ぜひまた次回のコンペにもご参加いただけると幸いです。〇〇様にお会いできる日を楽しみにしております。

仕事もゴルフもまだまだ未熟な私ですが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

撮影いたしました写真を添付させていただきますので、どうぞお納めください。

寒い日が続いておりますが、くれぐれもご自愛ください。

招待された方の場合は、 下記の例文を参考にしてみてください。
目上の方に向けた例文 になります


件名:ゴルフコンペのお礼

(会社名相手の名前)様

いつもお世話になっております。(会社名自分の名前)です。

先日はとても素敵なゴルフコンペにお招きいただき、誠にありがとうございました。

おかげさまで久しぶりのゴルフでしたがとても有意義な時間を過ごすことができました。

〇〇様のゴルフの腕前には大変驚きました。特に7番ホールのピンに向かっていく格好いいセカンドショット、とても記憶に残っております。攻めの姿勢を崩さないコース戦略の仕方なども、とても勉強になりました。次回お会いするときにはぜひ、仕事以外ゴルフについてもご教示いただけると幸いです。

今後とも変わらぬご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。

同じ立場の方に向けたお礼メールの例文は下記になります。


件名:ゴルフコンペのお礼

(会社名相手の名前)様

いつもお世話になっております。(会社名自分の名前)です。

先日はゴルフコンペでのご同伴ありがとうございました。

〇〇さんの腕前には何度見ても驚かされます。16番ホールのチップインバーディー、私も憧れます!貴重なお仕事の話も含め、普段なかなかできないプライべートのこともお話ししていただけてとても嬉しかったです。

またご一緒できる日を楽しみにしております。

今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

まとめ

ゴルフコンペの後のメールの送り方のポイント


一緒にラウンドをした場合は、相手のベストショットや話した内容について触れてみましょう。
そこで自分の感じたことや成長できたこと、学んだことなども文章に取り入れられると最高です!


一緒にラウンドをせず名刺交換のみなどの場合は、お会いできたことに対しての感謝気持ちを含め、改めて自己紹介をしましょう。


最後には今後の前向きなお付き合いを願う文章を添えるともらって嬉しいメールの完成です。


全体的に気を付けることは、定型文に縛られず自分なりの言葉で丁寧に気持ちを伝えることです!感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えてもらえると誰でも嬉しいものです♪

みなさんもぜひゴルフの後にお礼メールを送って、感謝の気持ちを伝えてみてください。


文:ライター 和奏

 

  • LINEで送る

おすすめ記事

人気記事ランキング

もっと見る