HOME > ブログ > 「GOLFBUDDY aim W11」を使ってみました!
2021/04/30

「GOLFBUDDY aim W11」を使ってみました!

  • LINEで送る
ゴルフのルールとしてクラブは14本までと決まっています。
たまにプロゴルファーでも、うっかりテスト用に入れていたクラブをそのまま試合に持って行ってしまってペナルティを受けることを耳にします。皆さんももし競技に出ることがあれば是非お気を付けください。
今回は15本目のクラブ?と言っても過言ではない、今やゴルファー必携の「距離計」のご紹介です。
昔は距離を知るにはコース内の左右にある杭の色や、フェアウェイのスプリンクラーヘッドに書いてある数字を頼りにしていましたが、今は色んな便利商品があります。
代表的なのがGPS型距離計、最近はゴルフカートにも搭載されていることが多いですね。
これが今や超小型化されて手首に装着できる「時計型」に進化しました。
 

GOLFBUDDY aim W11のここがスゴイ

 

実はわたくしずーっとレーザー型距離計のユーザーで、今回GPS時計型を使うのは初めてでした。

自分の好きなポイントが測れないから微妙と思っていただけにこの使いやすさと分かりやすさには驚きました。
 

ここがスゴイ!ポイント①“違和感のない付け心地”

 
ガチ系ゴルファーとして一番懸念していたのはやはり手に付けたままスイングすることへの違和感です。
重要は軽量とはいえ55g、ボール一個よりも少し重いです。
これを手首に着けてスイングなんてしたら遠心力で動いてしまってまともに打てないのではないかと思っていました。
しかしその予想はあっさり裏切られました。Aim W11についている標準のベルトがラバーで出来ていてまず滑ったり動いたりしにくいです。スイング中に感じる重みも、ちょっと気になったのは最初の2,3スイングでそれ以降は全く違和感なくショットすることが出来ました。手に持つのか、手首についているかでこれほどまで重さの感じ方に差があるとは思いもしませんでした。
 

ここがスゴイ!ポイント②“素早い計測力とリアルな攻略力”

 
aim W11を起動してプレーしていると、自動でプレー中のホールを認識して常にピンまでの距離を表示してくれます。
何がスゴイって歩いて移動している最中も逐一距離が修正される点です。
昔のものは計測したい地点に行ってから計測ボタンを押したりすることがありましたが、今回のaim W11については常に最新の距離を表示してくれるので一緒にプレーしている人のボールからの距離だってすぐにわかるのです。
また、グリーン手前と奥までの距離も表示されるので、ピンを狙うショットではかなり攻略の手助けとなりました。
そして何よりもこれ、「コースビュー」モードです。
コースレイアウトが画像で表示されるのです。時計の大きさしかないスクリーンでは見にくいのではと思っていましたが、案外そうでもなくちゃんと見ることが出来ます。
もちろんズームイン・ズームアウトも可能。グリーンビューも見ることが出来てこれもまたグリーン面が見えにくい登り傾斜の時なんかは大活躍です。
 
 
aim W11の着用画像
 
 
aim W11の着用画像
 

ここがスゴイ!ポイント③“長持ちのバッテリー”

 
レーザー距離計との大きな違いとして、GPS型は「常に稼働している」ということ。
レーザー型のように計測ボタンを押した後の数秒間だけ作動するのではなく、常に通信をして距離を測っているためバッテリーの消費が激しいのです。これも私はGPS型を避けてきた理由の一つだったのですが、今や全く心配する必要がありませんでした。
95%から使い始めて9ホール回った時点で残量が77%、約18%しか消費しませんでした。ということは単純に考えて18ホールで36%、2ラウンドでも72%ということになります。
もちろん休憩の長さや、どれくらいの距離をドライブしてくるかによりますが少なくとも普通に1ラウンドして帰ってくる分には一切問題なさそうです。
 
 

aim W11を使用してみた感想

 
今回はじめて時計型を使ったのですが、正直なところアリ、それも大アリだなと感じました。
私が今まで抱いていた懸念点はこれまでの数年の間にしっかりメーカー様が解消していたのですね、ちょっと反省。
レーザー距離計みたいに毎回ピンに向かって計測しなくてもいいので、プレーもスムーズになりそうです。
そもそもレーザー型だと登り傾斜やドッグレッグのホール、はたまた隣のホールからなんて時には役に立たないのです。
そんなときGPSならどこからでもグリーンまでの距離が分かるのでクラブ選択でも大助かりです!ちょっと心配があるとすれば、時計のバンドがゴム製なので夏場に使ったときにムレるかどうか、そして充電器。
充電器はちょうど時計部分がスポッとはまる台座に置くことで充電が可能なのですが、この充電器が軽くて小さいのでなくしそう・・・常にUSBケーブルをつないでおくなどしてコロコロとどこかへ行ってしまわないように気を付けています。
 
 
aim W11
 
 
ということで今回はGOLFBUDDY aim W11のレビューでした!
距離計が欲しい!距離計を買い換えたい!とお考えの方は是非お試しください。
 
 
文:ライター アッキー永井

 

  • LINEで送る

人気記事ランキング

もっと見る