HOME > ブログ > バンカー脱出!~サンドウェッジくんの気持ち~
2020/11/20

バンカー脱出!~サンドウェッジくんの気持ち~

  • LINEで送る
皆様こんにちは!コースでプレーしていますか?
私がゴルフのレッスンをさせて頂くようになってもうすぐ1年になります。
レッスンを通じて、たくさんの方のお悩みを聞いてきました。
『ボールを遠くに飛ばしたい!』、『スコアアップしたい!』などなど。
その中でも『バンカーからの脱出が上手くいきません。。。』というお悩みも聞くことがしばしば。
バンカーからの脱出が上手くいかないと、とても辛い気持ちになりますよね…
みなさんのお気持ち、よく分かります。
 
ゴルフはボールを目標に運ぶスポーツで、その重要な役割をしているのはゴルフクラブです。バンカーからの脱出の際、活躍してくれるのはサンドウェッジです。
今回はちょっとメルヘンにサンドウェッジくんの気持ちになってバンカーを研究してみましょう!
 

バンカーでのサンドウェッジくんの気持ち

 
サンドウェッジくんの仕事の一つにバンカーからの脱出があります。
バンカーとはルールでも説明されていますが砂の上からテクニックをテストされるエリアです。
砂と芝の上では難易度が違う(当然砂からの方が難しい)ので、プレーヤーは砂から脱出できるのか?!
という能力をテストされています。
サンドウェッジくんは、砂からのボール脱出業務中、傷だらけになってとても痛い思いをしています。バンカーからボールを脱出させるには、砂の質がどうなのか?で難易度が変わってきます。
 
では皆さん、少しサンドウェッジくんの気持ちになってバンカーでの砂質について考えてみましょう。
 
Q.1
バンカーの砂は『乾燥している』のと『湿気ている』の、どちらがやさしいでしょう?
 
1.やさしいのは『乾燥している』難しいのは『湿気ている』
2.やさしいのは『湿気ている』難しいのは『乾燥している』
 
★ヒント★
砂はある程度固い方がクラブは砂に入り込み過ぎず、上手くボールに当たりやすいのです。
 
続いて第二問です!
 
Q.2
バンカーの砂粒は『大きい』のと『細かい』の、どちらがやさしいでしょう?
 
やさしいとは、ボールにスピンがかかって止まりやすいことです。
難しいとは、反対にスピンがからず転がりやすいということです。
 
1.やさしいのは『大きい』難しいのは『細かい』
2.やさしいのは『細かい』難しいのは『大きい』
 
★ヒント★
サンドウェッジのフェイス面に溝がある理由がヒントです。溝にひっかかってスピン量が増えます。ということはバンカーの砂粒の大きさでスピン量が変わるということです。
 
どうでしたか?イメージ湧きましたか?
 
Q1の正解は2、Q2の正解は1です。
サンドウェッジくんはバンカーの砂質で難易度を読み取っているのです!
 
 
 

まとめ

 
バンカーからの脱出の際は、少し湿気があって、砂粒が大きいという条件が揃うとボールはバンカーから脱出しやすくなり、止まりやすくなることをサンドウェッジくんは知っているのです。
 
皆様もバンカーに入った際は、サンドウェッジくんより先に、足場のチェックをしてバンカーの難易度を調べてみて下さい!
 
文:ライター 大谷奈千代

 

  • LINEで送る