HOME > ブログ > 超難関ゴルフパートナー千葉ショートコースに行ってきました!
2020/09/04

超難関ゴルフパートナー千葉ショートコースに行ってきました!

  • LINEで送る
千葉市緑区土気町に位置するゴルフパートナー千葉土気練習場&千葉ショートコースに行ってきました。いってみて驚きましたが、とても難しいショートコースです。
めちゃくちゃ練習になりますよ!
 

難易度の高いショートコース

ショートコースは、10ホールあり、PAR31で構成されています。
総距離は、フロントティで1281ヤード、バックティで1418ヤードです。
一番短いホールでフロントティ90ヤード、長いホールでは、フロントティで200ヤードのホールがあります。200 ヤードのホールは、唯一のPAR4となっています。
フロントティで170ヤードのホールも2つあり、パーを取るのはなかなか難しいです。
 
 
このショートコースの難しさは、なんといっても「空間のハザード」です。
写真からでもわかるように、とにかく狭いです。笑
左右から木がせり出していて、少しでも曲がるとすぐに木に当たってしまいます。
むしろ、この間に打てればかなり上手です!
そして、距離感も合わないと、ショートコース特有の小さいグリーンには、なかなかグリーンオンできません。
バーディパットはなかなか打たせてくれないのです。笑
 
 
グリーンについてですが、私が訪れたときは、十分きれいだと感じました。
下の写真がグリーン上の写真です。
 
 
ホールによっては、アップダウンもあるので、距離感があわないと、この小さなグリーンにのせることはできません。
 
 
この上の写真は、1番ホールのグリーンからティイングエリアを撮った写真です。
1番ホールはこのように、やや打ち下ろしの97ヤード、パー3です。
1番ホールがわりと広かった印象です。
 
ティイングエリアでは、マットの上からのプレーになります。
 
 
写真では、打ち出しは広く見えますが、実際にこのティイングエリアに行くと、結構な圧迫感があります。
 
 
千葉ショートコースはボールコントロールがしっかりできないと、スコアを作ることがとても難しいと思います。ここでは、ボールコントロールの技術をしっかりとラウンドしながら学ぶことができそうです。
ピンポジションによっては、木が邪魔で打てないということも…。
でも、「バーディが取れる可能性がない。」「パーが取れる可能性がない。」ということではないので、どこにどのようにボールを打っていけばいいのか、を考えさせられます。しっかり頭を使ってゴルフをすることになります。
 
 

料金&アクセス

 
平日料金
10Hホール2000円、追加10ホールは1000円です。
女性の場合は、上記から100円引きとなります。
高校生までのジュニアゴルファーは、10ホール1000円、追加10ホールは600円となっています。
 
土日祝日
10ホール3000円、追加10ホール1500円です。
女性の場合は、10ホール2900円、追加10ホール1300円となります。
高校生までのジュニアゴルファーは、10ホール1500円、追加10ホールは700円となっています。
 
アクセスは、車で千葉東金道路・中野インターから約6分です。
 
超難関ゴルフパートナー、千葉ショートコースに是非挑戦してみてください!
ラウンド後にクラブのせいにして、思わずショップで新しいクラブを買っちゃいそうにもなります。それもまた、ゴルフの楽しみ方かも。笑
 
ゴルフパートナー千葉土気練習場&千葉ショートコース
 
文:ライター ゆき

 

  • LINEで送る