HOME > ブログ > ワールドハンディキャップシステムってなんだ?
2020/04/29

ワールドハンディキャップシステムってなんだ?

  • LINEで送る
2020年の秋から日本でもワールドハンディキャップシステムが施行されます。
このシステムを導入することにより、世界中のゴルファーが同じ基準でハンディキャップを取得でき、同じ基準で公平にゴルフを楽しめるようになります。
 

そもそもハンディキャップとはなんでしょうか?

 ハンディキャップとは、レベルの違うゴルファーでも公平な基準でゴルフを楽しめるように作られたシステムです。
例えば、ハンディキャップ3のプレーヤーと、ハンディキャップ20のプレーヤーがいるとします。このハンディキャップは、ラウンドしたスコアから自分のハンディキャップを引いたスコアで勝負します。
ハンディキャップ20の人が、スコア90でラウンドしたとなると、90-20で70ストロークになり、ハンディキャップ3の人がスコア75でラウンドしたとすると、75-3で72ストロークとなるわけです。
単純に、スコアだけでは、ハンディキャップ20の人がハンディキャップ3の人にはかないませんが、ハンディキャップを考慮すると、ハンディキャップ20の人の方が、70ストロークでハンディキャップ3の人よりもいいスコアになり、ハンディキャップ20の人の勝利となるわけです。
このようにレベルの違うプレーヤーでも公平な基準で楽しめるようにしたものがハンディキャップなのです。
 
 

JGA/USGAハンディキャップインデックス

これまでの日本のハンディキャップシステムはJGA/USGAハンディキャップインデックスといいます。
(日本ゴルフ協会HPより以下引用 http://www.jga.or.jp/jga/html/handicap/about.html#02
本システムは各プレーヤーの技量差に拘わらず公平なハンディキャップを提供し、プレーヤーのスコア変動に応じてJGA/USGAハンディキャップインデックスを調整します。またプレーヤーの潜在技量と関係のない悪いスコアを排除し、JGA/USGAハンディキャップシステムの継続性を高めています。JGA/USGAハンディキャップインデックスはすべてのプレー方式に通用し、JGAが認めたゴルフ倶楽部(査定倶楽部)に所属する個人に対してのみ発行します。(引用終わり)
 
このハンディキャップを取得するためには、最低5枚のスコアカードを提出する必要があります。そのスコアカードをもとにJGAハンディキャップ規定(USGAハンディキャップシステム準拠)に基づいて、ハンディキャップが発行されています。
 
 
(最終閲覧日:2020年4月14日日本ゴルフ協会HPより引用 http://www.jga.or.jp/jga/html/handicap/new_j_sys.html
 

今秋から施行されるワールドハンディキャップシステム(以下、WHS)とは?

 
現在、世界中でハンディキャップのシステムは6つあります。この6つのシステムは、それぞれが各地で有効に機能しているといいます。しかし、ハンディキャップ取得の基準に特徴があるため、同じハンディキャップでも技量に差がでるといわれています。そこで、この6つのハンディキャップシステムを統一し、世界中で同じハンディキャップの人の技量に差がでないようにします。ハンディキャップの取得基準が統一化されれば、世界中でハンディキャップを使用した大会が可能になり、ますます、様々なレベルのゴルファーが同じ基準で公平にゴルフを楽しめるようなるのです。
 
 
(最終閲覧日2020年4月14日日本ゴルフ協会HPより引用 http://www.jga.or.jp/jga/jsp/handicap/news_detail_16549.html)
 

まとめ

ワールドハンディキャップシステムの基本理念の1番目には、「できるだけ多くのゴルファーがハンディキャップを取得・保持できるようにする。」と書かれています。そのひとつとして、これまでは5ラウンドのスコアカードの提出が必要でしたが、3枚のスコアカードの提出でも可能になります。早い段階でハンディキャップが取得できるようになるのです。WHSが施行され、世界統一のハンディキャップを取得すれば、あらゆるレベルのゴルファーが世界大会に出られる可能性も出てきます。このワールドハンディキャップシステムをきっかけに多くのゴルファーがよりゴルフを楽しめるようになったら最高ですね!
 
日本ゴルフ協会 HP: http://www.jga.or.jp/
ワールドハンディキャップシステム動画→ https://youtu.be/VIxinwYm3zE
 
文:ライター ゆき