HOME > ブログ > ゴルフ場に日本庭園!?「桜の宮ゴルフ倶楽部」をラウンドレポ!
2020/04/08

ゴルフ場に日本庭園!?「桜の宮ゴルフ倶楽部」をラウンドレポ!

  • LINEで送る
 
日に日に暖かくなり花粉が襲いくる季節ですね。今回は茨城県笠間市の「桜の宮ゴルフ倶楽部」にてラウンドしてきましたので、さっそくレポートしていきたいと思います。
 

半世紀以上の歴史をもつ「桜の宮ゴルフ倶楽部」 

 
クラブハウスの入り口正面にも大きく示してある通り「桜の宮ゴルフ倶楽部」は1963年開場の歴史あるゴルフコースです。随所に見られる美しい景観はラウンドに関係なく心癒されます。また、コンペで利用すると高級旅館にも負けないコンペルーム「花筏」が利用できますよ。
 
 
日本庭園風の趣はコース内でも散見できます。例えば、茶店、囲炉裏のある休憩所、昔ながらの古い水車など雰囲気作りにとてもこだわりを感じました。春にもなれば桜も相まって素晴らしい景色を楽しめることでしょう。
 

食事のレベルが一段上!モーニング・ランチともに裏切りません!

 
 
個人的に今回のいちばんのオススメは「食事」でした。朝食、昼食ともにいただいたのですが、満足度がとても高かったのでぜひ朝食から楽しんでみていただきたいですね。
 
 
今回は洋朝食を選んだのですが、とにかくオムレツが絶品でした。中がとろとろの絶妙な焼き加減で、ケチャップなしでも美味しくいただけます。これはかなりオススメです。
 
 
昼食にはスタッフの方にオススメいただいた「常陸牛のカルビ丼」をチョイス。一見脂が多そうに見えるお肉ですが、あっという間にとろけてしまって脂っこさを感じさせません。付け合せのキムチとナムル、温泉卵との相性も抜群でした!(現在はステーキ丼がラインナップされています。詳しくは「桜の宮ゴルフ倶楽部」公式サイトをご確認ください)その他もベーシックなランチメニューからがっつりメニューまでばっちり揃っています。同伴者のビーフカレーもとても美味しそうでした。サイドメニューも充実しているのでお酒のお供にも困りませんよ!
 

広々としたフェアウェイに向かって豪快なショットを!

 
さてさて、コースですが「桜の宮ゴルフ倶楽部」は東西南の各9ホール、全27ホールで構成されています。ほとんどのホールで桜の木を見ることができるのでお花見ラウンドには最適です。
今回は西・南コースをラウンドしました。全体的に見通しがよく、ティーショットが打ち下ろしになるホールやフェアウェイの左右が広いホールが多いです。ドライバーを気持ちよく振っていけるゴルフ場だと思います。
 
 
 ただし、セカンドショット以降はしっかりマネジメントしていく必要があります。砲台グリーンの手前に落としてしまうとかなりきつい角度の打ち上げが残るシーンが多くあります。
 ラウンドした当日はピンポジションも簡単ではなく、グリーンもなかなか速いです。ピンをデッドに狙いすぎて左右にこぼしたり、ボールがとまらず奥へいったりと……、ミスが出やすいです。
 全ホールがオールベントのかなり広いワングリーンなので確実にセンター狙いでグリーンオン狙いがオススメです。
 また、南7番ホールなどの極端にティーショットの視界が狭いトリッキーなホールもあるので最後まで気を抜けないコースなっています。好スコアで回れるようしっかりマネジメントを!
 

水戸ICからたった10分で到着します!ぜひ「桜の宮ゴルフ倶楽部」へ

最寄りインターは水戸IC。降りてたった10分ほどでクラブハウスに着きます。下道の時間が短いのは大きなメリットですよね。また、電車でお越しの方はJR友部駅、内原駅からタクシーで5~10分ほど。クラブバスは予約制で友部駅北口にて運行しています。ご利用の方は予約の際にゴルフ場までお問い合わせくださいね。
 今回はまだまだ桜の季節ではなく写真でのお届けは叶いませんでしたが、ぜひみなさんにはご自分の目で素晴らしい景色を納めていただきたいと思います。
 ではまた次のラウンドレポをお楽しみに!
 
桜の宮ゴルフ倶楽部 HP: http://www.sakuranomiyagc.jp/
 
文:ライター おと