HOME > ブログ > 河川敷と侮ることなかれ!「KOSHIGAYAGOLFCLUB」をラウンドレポ!
2020/02/21

河川敷と侮ることなかれ!「KOSHIGAYAGOLFCLUB」をラウンドレポ!

  • LINEで送る
都心にお住まいで「近場で安くて良いゴルフ場はないかなぁ?」と悩んでいるゴルファーの方、いらっしゃいませんか?そのなかでも「かといって河川敷はなぁ……」と思っている方、いらっしゃいませんか?
今回はそんな不安を払拭することができる「KOSHIGAYA GOLF CLUB」をラウンドしてきましたのでみなさまにご紹介します!
 

アウトドアリゾートとして生まれ変わった「KOSHIGAYA GOLF CLUB」

 
 
2014年に埼玉県吉川市にあった「越谷ゴルフ倶楽部」がリニューアルし、あらたに誕生した“アウトドア・スポーツ・パーク”のゴルフ施設が「KOSHIGAYA GOLF CLUB」です。日本の一般的なゴルフ場はハーフを終えると食事休憩がありますが、こちらではいわゆるスループレーが基本になっています。ハーフターンの際にはスナックワゴンで軽食を購入できるというアメリカンスタイルを採用しています。日本ではあまり見られない形式でスマートかつ華やかなゴルフ場です。
 

リゾートを彷彿とさせるクラブハウスでは屋上でBBQも楽しめる!

 
 
クラブハウス併設のカフェレストラン「JUNGRILA」では軽食をはじめ、ステーキやハンバーグ、カレーなどの食事がいただけます。さらに屋上ではグランピングスタイルでBBQも楽しめちゃうんです。(要予約)海外のリゾート地に訪れたかのような雰囲気のなかで食事できるのでラウンド後でもゴルフ抜きでもおすすめですよ!
 

広大な敷地に揃った練習場はラウンドしなくても利用可能!

 
クラブハウスを出てコースへ向かうと、コースの全貌が見えてくるとともに練習用グリーンとアプローチ練習場にネットのない広大なレンジが待っています。もちろんラウンドの前後に利用できるのはもちろんなのですが、使用料を支払うことで練習場のみの利用も可能になります。パターとアプローチの練習をするだけでも十分価値があるのでお近くの方はぜひ利用してみてください!
 

効果的に配置されたハザードと強い風をどう攻略する?タフなコースに挑もう!

 
こちらのコースは全体的にウォーターハザードが絡む場面が多く、江戸川沿いのため風が強いです。そのためティーショットでドライバーをもつか悩むことになりますが、かといって刻むばかりではフェアウェイバンカーにつかまるというリスクも。たとえばINコース14番ホールのティーショットでは大胆に右の池越えを狙ってドライバーを持つか、安全に左のフェアウェイに刻みにいくかというシチュエーションになります。風次第では飛距離のある人でも左に置きにいかざるをえないこともあるので、「KOSHIGAYAGOLFCLUB」はスコアメイクのためにしっかりマネージメントしていくという楽しみがあるコースだと思います。
 

ゴルフと食事とインスタ映え! 「KOSHIGAYA GOLF CLUB」でプレーしてみよう!

 
こちらのプロショップでは「new balance golf」のポップアップショップも展開し、クラブハウスのロゴデザインにもnew balanceのシューズが見られます。こちらの前でインスタ用の写真などを撮るのもおすすめです。都心からは1時間ほどで到着できます。最寄りICは三郷IC、クラブバスはJR吉川駅から運行しています。都内からのアクセスも非常に良く、リゾート気分で食事も楽しめてスループレーで手頃にタフなコースにチャレンジできるのはここだけです!みなさんもぜひプレーしてみてくださいね。
 
 
 
 
文:ライター おと

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ