HOME > ブログ > 憧れの海外ゴルフ☆キャディバッグは??
2019/12/25

憧れの海外ゴルフ☆キャディバッグは??

  • LINEで送る
海外リゾートに行ったら、ゴルフをしたい!と思うのがゴルファーの性ではないでしょうか?
先日、常夏のHawaiiに行ってきました(^^)
ゴルフ合宿ではないですよ・・・旅行です!
そこで問題になるのが、キャディバッグを持って行くか否か・・・・
これから、海外ゴルフを検討している方の参考になればと思います。
※実際、2ラウンドする予定だったので、持って行くことにしました。
 

準備

 

大切なゴルフクラブ、折損は絶対に避けたいもの。

さて、どうやって守ったのか??
 
① ドライバー、FW、UTは、それぞれにヘッドカバーを被せる。
ヘッドカバーがない場合は、エアーキャップを被せる!タオル等で巻く。
※隙間ができやすいのは、アイアンとウッド系の間!!
② アイアンは、アイアンカバーを被せる。=ひとまとめにする。
③ フードを被せる。上からファスナーを空ける。上からタオル等を詰めていく。
POINT★隙間を作らない!!
 
11月に行ったので、日本は秋。ハワイはもちろん夏。空港で脱ぎ捨てた上着をクラブの隙間に入れました!夏に行ったときは、タオルをたくさん詰めました。隙間を作ってしまうことで、クラブが動いてしまう可能性が高くなります。飛行機の貨物室では、どのように荷物が積まれているのかわからないもの。
いかにクラブを動かさないようにするかというのが大切になります。
 

どんなトラベルカバーを使う??

こだわりのトラベルカバーを持っている方、運送会社のものを使いまわしている方・・・それぞれかと思います。
わたしは、国内の発送でも使っているトラベルカバーを使っています。(写真参照)
※Fujikuraのトラベルカバーは非売品。
一緒に旅行に行った恋人は、キャスター付のトラベルカバーを使用しています。
キャディバッグには、FRAILEマークをつけてくれるのですが・・・・心配。
わたしなりに何が良いか比べてみました!
 
 
 
海外の預け入れ荷物は、一般的に1個23kgまで。
東南アジア・グアムだと、預け入れは1コ/人。
長距離になると、預け入れは2コ/人。
 
以前、グアムにゴルフに行ったときはキャスター付便利だな~と感じました。グアムは荷物を預けられる数が1コなので、キャディバッグだけでなく、その他の荷物も全て入れることが出来ました。
彼は、今回もグアム同様、キャスター付トラベルカバーにキャディバッグ+その他の荷物も入れて行きました!
 
事件が起きたのは、帰りの空港。
運悪くチェックインの際に、違う列に並んでしまったわたしたち。
遠くから・・・・『3kgオーバーだって~どうしよ~』と悲鳴が。
キャスター付だと、たくさん入れることが出来るので、帰りにお土産がたくさんになって、重量オーバーしてしまったようです(-_-;)
わたしが鞄を別で持っていたので、そちらに荷物を移し、オーバーチャージ料を払わずにその場を逃れられました。
今回は、帰りの空港でのトラブルでしたが、行きの空港でも、荷物を入れがちなので、重量にはくれぐれも注意をして下さいね!!
 

空港に荷物を送ろう!

いつもお世話になっているクロネコさん。
キャディバッグを送るときは、「ゴルフ宅急便」と覚えている方は多いかと思います。
今回の場合は、”空港宅急便”になります。
 
↓以下ヤマト運輸サイト引用
●空港で受け取る場合「空港宅急便」
●ゴルフ場で受け取る場合「ゴルフ宅急便」
 
海外ゴルフの場合は、預入荷物を持って、利用する航空会社にチェックインしなければならないので、空港受取にします。
今回成田空港を使ったのですが、各ターミナルに受け取るカウンターがあるようです。
各ターミナルにあるだけではなく、出発ロビー・到着ロビーのどちらにもあるので、便利です
☆往復宅急便にしたのですが、受け取って、航空会社のカウンターに預けて・・・・帰りはターンテーブルから受け取って、宅配便カウンターへ。空港内では、カートが使えるので楽チンでした。
 
※今回わたしは、ヤマト運輸さんを利用しましたが、他の運送会社さんも同様に取り扱いがあるそうです。他の運送会社さんを利用の際は、一度、調べてから利用して下さいね。
 
また、料金ですが・・・ゴルフ宅急便よりも若干高め。
空港手数料というものが発生してしまうようです。
 
▶参考:ヤマト運輸空港宅急便
 

現地で用意されているレンタルクラブ

今回、現地で2ラウンドして、同組の方がレンタルクラブを使っていたので、どんなものが用意されているのか見ました!!
 
★最新クラブ$30
名門ゴルフコース、Ko Olina Golf Course(コオリナゴルフコース)では、レンタルクラブがなんと!最新クラブ。
テーラーメイドゴルフさんのM5でフルセット。フレックスを選べるようになっていて、メンズのRかS。女性には、レディースクラブでした。
 
★古いクラブ18H$25, 9H$15
市営のゴルフ場のAla Wai Golf Course(アラワイゴルフコース)では、かなり古めなクラブ。
借りている日本人の方曰く、重くて、がちがちに硬くて、ダフリそうとのこと。
 
プレイフィも全然異なるゴルフ場だったので、何とも言えませんが・・・日本人にとっては、若干ハードスペックなような印象でした。
いつものクラブで、気持ち良く回りたい/滞在中何回もゴルフをしたいというゴルファーには、ご自身のクラブ。リゾートゴルフをとりあえず楽しみたい!というゴルファーには、レンタルクラブでも良いのかもしれません。
 

まとめ

海外ゴルフ、個人的にはとーっても楽しかったです♡

そして、Myクラブでゴルフを出来たことは、安心にも繋がります。

ぜひ、海外に行く際は、ご自身のキャディバッグとともにご旅行へ!

他の記事でコースに関してのレポをさせていただきます<m(__)m>

乞うご期待下さい。

 

文:Fujikura ライター 玲 
 

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ