HOME > ブログ > ゴルフ、雨対策!雨の後もケアしよう!
2019/12/13

ゴルフ、雨対策!雨の後もケアしよう!

  • LINEで送る
(最終閲覧日2019年11月11日https://www.goldwin.co.jp/andperse/ec/pro/disp/T/AFF3809R9)
ワンピース型レインウェア
 
「雨が降ったら、ゴルフ中止。」という方が、多いかも知れません。
しかし、ゴルフコンペの場合だと、キャンセルできませんよね。
雨でもやらないといけない状況があります。今回は、雨対策についてご紹介します!
 

ゴルフ用以外のレインウェア(雨具)はダメなの?

 
ゴルフ用以外のレインウェアでも問題ありませんが、基本的にゴルフ用のレインウェアは、スイングしやすく作られています。具体的には、背中や腕の部分などにストレッチの利いた素材を使ったりしています。また、プレー中の突然の雨に対して、すぐに着ることができるように、ズボンの場合だと、裾が大きく開くようにもなっています。このことで、シューズを脱がずにレインウェアを履くことができるのです!
レディース用のレインンウェアには、ワンピース型もあるので、ますます脱着が簡単です!これらの理由からゴルフメーカーが販売しているレインウェアがベストといえるでしょう!
 

ゴルフ用のレインウェアの特徴は?

ゴルフ用のレインウェアは、上下のセット売りが基本となっています!(女性用には、ワンピース型もあります。)
ゴルフ用のレインウェアの上着は、腕から下が取り外しできるように作られています。
例えば、夏の雨の時には、腕の部分を外して半袖でプレーすることが可能になります。そうすることで、暑さをしのげますし、蒸れることも少なくなります。こういったところもゴルフ用のレインウェアの特徴です。
 
ズボンの方はというと、基本的には長ズボンになりますが、一部メーカーでは、晴雨兼用の短パンも発売されています。パンツの場合は、至るところに蒸さないようにメッシュ部分があり、快適にプレーできるように工夫されている点が特徴です。先ほども書いたように、裾が大きく開くことも大きな特徴です!
 
 
(最終閲覧日2019年11月11日https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb-apparel/suizing/)
 

寒い時期にも使えるレインウェア!

 
寒い時期には、レインウェアのズボンを履くと、風を通しづらくなるので、比較的暖かくプレーできます。ゴルフ用のレインウェアは、思いのほか高額!と感じる方も多いのではないでしょうか?冬の寒い時期には、レインウェアのズボンをはくとかなり寒さをしのげます!これはおすすめです!
 
 

キャディバッグの中も雨対策

キャディバッグの中も雨対策を普段からしておくことがオススメです。手袋(グローブ)を複数枚持っている人は、ビニール袋に入れておくと、仮に雨がキャディバッグの中に浸透してきてもびしょびしょにならずにグローブを使用できます。また、キャディバッグの中に小さなタオルやティッシュなどを入れている人もビニール袋に入れておけば安心ですよ!
 
 
雨の中プレーした後は...雨の中プレーし、自宅に戻って、クラブを乾かしていますか?雨の中、プレーしたら自宅でクラブを乾かしましょう!まず、クラブを全部取り出し、グリップ、シャフト、ヘッドをふきます。ヘッドカバーもビショビショになっていると思うのでちゃんと乾かしましょう。
 
道具のケアは、長く使うためにも必要不可欠です。
 
文:ライターゆき
 
 

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ