HOME > ブログ > ゴルフクラブは男女で一緒に使える?クラブ選びのポイント
2019/07/03

ゴルフクラブは男女で一緒に使える?クラブ選びのポイント

  • LINEで送る

ゴルフに慣れている人でも、意外と知らないのがゴルフクラブの選び方。ゴルフのクラブは非常にたくさん種類があるため、知識がないと自分に合うものを選べません。そこで人気を集めているのが、「男性用」「女性用」と銘打った初心者向けのゴルフクラブです。

今回は、ゴルフクラブの男性用と女性用にはどのような違いがあるのか、女性向けのクラブを選ぶときに知っておきたいゴルフクラブの選び方などを解説します。

性別ごとのゴルフクラブの違い

男性用のゴルフクラブと女性用のゴルフクラブの違いを簡単にまとめると、以下の通りです。

男性用クラブ
  • シャフトが長くて重い
  • シャフトが硬くてしなりにくい
  • フェースの角度が小さい

女性用クラブ
  • シャフトが短くて軽い
  • シャフトが柔らかくしなりやすい
  • フェースの角度が大きい
  • 男性用クラブに比べてグリップが細い
  • 女性の好む色(ブルーやピンク)を使った商品が多い

一般的に、「女性用クラブ」という名前で販売されているモデルは、シャフトが短く、軽くて良くしなるようになっています。これらの違いは、基本的に「より小さな力で飛距離を出すための工夫」です。

男性に比べて力のない女性でも、軽くて柔らかいシャフトを使えば、しなりを使ってヘッドスピードの遅さをカバーすることができます。

また、フェースの角度が大きいクラブを使うと、同じ軌道でもボールを下からすくい上げるような角度で打つことになるので、飛距離を伸ばしやすいです。手の小さな女性に合わせて、グリップを細くしているクラブも少なくありません。色に関しては、性能に関係ないので好みの問題となります。

女性でも男性用クラブの方が良い場合がある

女性でも男性用クラブの方が良い場合がある

背の高い女性や体力に自信のある女性には男性用クラブのほうが合う場合がある

女性でもスポーツ経験を持っていてパワーがあったり、身長の高い女性であれば男性用のクラブを使うのも良いかもしれません。軽くてしなりやすい女性用クラブは、しなりがある分、インパクトの位置がずれやすいです。慣れてきたり力があったりすると、逆に使いづらく感じるでしょう。

女性用にこだわらず、自分に合ったものを使うのも上達の早道だったりします。

クラブ選びは体に合うものを選ぶことが大切

ゴルフクラブ選びで大切なのは、女性用男性用の違いに注目することではなく、自分に体に合うものを選ぶことです。大人になると体のサイズは変わりません。しかし、ゴルフを続けていけばヘッドスピードや体力は向上していきます。自分のサイズに合わないものを無理に使うとゴルフの上達も遅れてしまうので、クラブは実際に試し打ちして感覚の合うものを選びましょう。

クラブ選びの段階から2人で楽しもう!

クラブ選びの段階から2人で楽しもう!

男女の違いを意識しなければクラブ選びの幅は広くなる

「男性用」「女性用」という違いに注目していると、無意識の内に男女で違うクラブを見ることになります。

しかし、実際には、体に合っていればゴルフクラブに男女の差はありません。男性用女性用という分類を外してしまえば、同じメーカーでサイズの違うゴルフクラブを試したり、同じクラブで試打したときの感想を話し合ったりすることができるのです。

ゴルフクラブのメーカーに関する話題や、新商品の情報共有など、会話の幅も広がります。

大切なのは体に合うこと!2人で一緒に自分に合うクラブを見つけよう

ゴルフクラブを選ぶうえで大切なことは、体のサイズや体力レベルに合ったものを選ぶことです。女性だから女性用を選ぶという先入観をなくせば、恋人や夫婦で同じクラブを共有したり、2人でクラブ選びを楽しんだりすることもできます。ゴルフを上達するため、そして2人のデートやプレーをより楽しくするために、自分に合うゴルフクラブを見つけましょう。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ