HOME > ブログ > あったら嬉しい!ゴルフプレイ時に使えるハンドケアグッズ
2019/06/26

あったら嬉しい!ゴルフプレイ時に使えるハンドケアグッズ

  • LINEで送る

ゴルフは、手先の感覚がプレイを大きく左右するスポーツです。たとえば、爪が伸び切っていると、クラブのグリップを保持することができません。それだけでなく、手先は食事休憩やグローブを外したときに他人から見られやすい場所のひとつ。

スコアを安定させるためにも、ゴルフ中やゴルフ後のデートで手を美しく見せるためにも、プレイ中にハンドケアできるよう準備しておきましょう。

今回は、ゴルフプレイ時にあると嬉しいハンドケアグッズをご紹介します。

いつでも手を拭ける「ウェットティッシュ」

ウェットティッシュ

画像引用:Amazon

ゴルフは屋外スポーツです。ラフやバンカーなどにボールを打ち込んだ場合、ボールを回収する際に指先が汚れてしまうこともあります。

そこで役に立つのが、携帯タイプのウェットティッシュ。土汚れなど、普通のティッシュペーパーでは十分に落とせない汚れもウェットティッシュならきれいに落とせます。

ちなみに、手の保護を考えるなら、肌の水分を飛ばしてしまうアルコール成分を使っていないウェットティッシュがおすすめです。

爪のひっかかりが気になったときに便利な「爪切り」

爪切り

画像引用:Amazon

ささくれができていたり、爪が中途半端に伸びてひっかかったりする際に、爪切りを持っているとその場でケアできて便利です。爪が気になってグリップに違和感を覚えると、普段通りのスイングをすることができなくなってしまいます。また、長い爪はグリップを強く握ったときに手を傷つけてしまう場合もあるので、注意が必要です。

さらに、足の爪のケアにも使えます。ショットを打つときや移動時にひっかかりを感じたり痛みが出たりしても、爪切りを持っていれば対処可能です。ゴルフはラウンド中に歩いたり、スイングなどで足に負担をかけるので、思い立ったときに爪切りでケアして怪我を予防しましょう。幸い、爪切り自体はサイズも小さくかさばりません。手荷物の中にひとつ忍ばせておくのがおすすめです。

なお、爪切りと一緒に小さな爪やすりを持っていき、爪の切断面までケアするようにすれば、切りたての爪で怪我をしてしまうというアクシデントも防げます。

また、爪切りはハサミの代わりとしても利用可能です。ゴルフ場やゴルフ場へ行く前に購入したウェアやグッズのタグ等を切り離すときなどにも役に立ってくれます。

クラブをしっかり握れるようになる「手汗用の制汗剤」

手汗用の制汗剤

画像引用:Amazon

気温が高くなってきたり、重要なショットで緊張してしまったりする場合におすすめのハンドケアグッズが、手汗用の制汗剤です。素手でプレイをする人はもちろん、グローブをつけてプレイする人でも、手汗をかけばグローブ内で手が滑ってしまいます。グリップが弱まればミスショットの可能性も上がってしまいますし、何よりクラブがすっぽ抜けると他人に怪我をさせてしまうリスクがあるため、プレイ前の手汗対策を充実させましょう。

手汗用の制汗剤には、

  • クリーム
  • ジェル
  • パウダー
  • ローション

など商品によってさまざまな種類があります。スプレータイプの制汗剤に比べてサイズもコンパクトなので、香りや肌質に合うものを探して手汗によるミスや事故を防いでください。

ハンドケアグッズを用意してゴルフのプレイに集中しよう

ウェットティッシュや爪切り、手汗用の制汗剤といったハンドケアグッズは、あると便利です。こまめなハンドケアは、スコアの安定や手のきれいさの維持にもつながります。「準備をしている」という安心感があると落ち着いてプレイできますし、どのグッズもたいしてかさばらないので、万が一に備えてラウンドバックなどへ常に入れたままにしにしておくのがおすすめです。

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ