HOME > ブログ > 「ゴルフナビ」があればプレーはもっと楽しくなる!
2019/06/24

「ゴルフナビ」があればプレーはもっと楽しくなる!

  • LINEで送る

2019年のゴルフルール改正によって、不必要な罰打が減り、ミスをしたときの救済措置も強化されました。なかでも注目されているゴルフルールの改正点が、距離測定器、いわゆる「ゴルフナビ」の利用が認められたことでしょう。

今回は、GPSやレーザーを使って自分の位置から目標物までの距離を測り、方向取りをサポートしてくれるゴルフナビの魅力をお伝えします。

ゴルフナビとは

ゴルフナビとは

画像引用:Yupiteru

ゴルフナビとは、グリーンやフェアウェイなど、目標物までどれくらいの距離があるのか計測してくれるゴルフグッズのことです。本来、距離を知りたい場合はキャディーと相談したり、目的地までの歩数でおおよその距離を割り出したりする必要があったのですが、2019年のゴルフルール改正でゴルフナビの利用が正式に認められました。

ゴルフは非常に長い距離を歩くスポーツです。ゴルフナビを使って距離を把握するための歩数を減らすことができれば、その分疲れにくくなり、プレーに集中できます。また、商品によっては高低差も確認できるため、見た目の錯覚によるクラブ選びや力加減のミスも防ぐことができるでしょう。

なお、ゴルフナビと呼ばれる商品は、人工衛星を使って距離を計測するGPSタイプと、レーザーを照射して目標物に当たるまでの距離を計測するレーザータイプが一般的です。

また、専用の端末でコース図を見ながら距離を確認できるマップタイプや、音声で案内をしてくれるボイスタイプ、腕時計型など形状による違いもあります。

従来の距離の測り方よりも正確!

最新式のGPSに対応しているため精度が高い

GPSを利用したゴルフナビの仕組みは、基本的にカーナビと同じです。ただ、カーナビやスマホのGPSを使ったルートナビなどでも良くあるのが、「実際の位置とナビ上の位置がずれてしまっている」という問題点。人工衛星と手元の端末との距離が離れているため、どうしても数メートル程度の誤差が生じていました。

しかし、2018年の11月に、GPSの精度を高める準天頂衛星システム「みちびき」が打ち上げられたことで、GPSの精度が向上しています。みちびきに対応しているゴルフナビを選べば、理論上GPSの誤差は数センチ程度に抑えられるので、実用上の問題はないでしょう。

GPS式とレーザー式の2種類から選択

GPS式のメリット

GPS式

画像引用:Yupiteru

GPS式ゴルフナビのメリットは、商品の種類が幅広いこと。腕時計タイプひとつ取っても、シンプルに目標物までの距離や高低差だけを表示するもの、スマホと連動して電話やメールの通知まで確認できるものなどがあります。

腕時計タイプのGPS式ゴルフナビは、スイングの邪魔にならないよう軽く作られているのもポイントです。また、日差しよけのキャップやベルトに装着できるボイスタイプは、かさばらないうえに価格も安いため、気軽に導入できるでしょう。

レーザー式のメリット

レーザー式”>

画像引用:Yupiteru

レーザー式ゴルフナビのメリットは、測定精度の高さです。目標物にレーザーを照射することで距離を測るレーザー式のゴルフナビは、ツアープロにも使用されるほど高い精度を誇ります。商品によっては手ブレ補正機能や1,000ヤード以上の距離計測にも対応しており、充電も不要なのでゴルフ場に通う頻度が高い人も安心です。

また、ゴルフナビを向ければ測りたい場所までの距離を手軽に計測できるため、難易度の高いコースに挑戦したり、ショットごとに細かく次打の方向を調整したりする際にも役立ちます。

ゴルフナビを導入してプレーの質を向上させよう

ゴルフを上達するためには、自分のプレーを見直して、今後の課題や改善点を見つけることが大切です。ゴルフナビを導入すれば、ピンやフェアウェイまでの距離を正確に把握しながらプレーできます。割り出した距離や高低差に対してどうアプローチしたのか、思い描いた通りのショットとどれだけの差が出たのかを振り返ることで、プレーの質を向上させましょう。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ