HOME > ブログ > 練習に行く前に知っておきたい「ゴルフクラブの握り方」の種類
2018/07/19

練習に行く前に知っておきたい「ゴルフクラブの握り方」の種類

  • LINEで送る

すべてのスポーツにおいて、一番の上達方法は基本をマスターすることです。今回はゴルフの基本といえるグリップの握りかたと、そのメリット、デメリットを「スクウェアグリップ」「ストロンググリップ」「ウィークグリップ」の3種類に分けて紹介します。

まっすぐ飛ばせる「スクウェアグリップ」

スクウェアグリップ(ニュートラルグリップ)はゴルフにおける握りかたの中でもっとも基本的なグリップの握りかたで、昔から多くのプロが使ってきたものです。

スクウェアグリップの握りかたは、小指から順番に中指まで握り、親指はグリップの中心から少し右側にのせます。この時、親指と人差し指は力を入れ過ぎないことを意識しながら添えましょう。ナックルが1~2個見えていたら正確に握れています。

スクウェアグリップのメリットは、ボールとターゲットを線で結んだときに直角になりやすいため、ボールがまっすぐ飛びやすく、インパクト時のフォームが乱れにくいことにあります。また、他のグリップの握りかたに比べて綺麗なスイングフォームが身に着くこともポイントです。デメリットは、近年制作されているキャビティや大型のクラブとは相性が比較的悪く、ボールを捕らえづらい傾向にあることです。

飛距離が出しやすい「ストロンググリップ」

ストロンググリップ(フックグリップ)は若い人の間でよく使われているグリップの握りかたです。現代の大型クラブやキャビティとの相性がいいことが特徴です。

ストロンググリップは、小指、薬指、中指の順番で握り、親指と人差し指に力を入れすぎずに握ります。ここまではスクウェアグリップと同じですが、握った時にナックルが3個以上見えている必要があります。ただし、ナックルが4個まで見えてしまうと過度なストロンググリップになってしまうので注意してください。

ストロンググリップのメリットは、ロフト角が減少するためバックスピンの量が減り、ボールが水平方向に飛びやすくなります。結果としてボールの飛距離が伸びます。デメリットは、ボールに対しての捕まり具合がよすぎるため、チーピンや引っかけなどが発生しやすくなってしまうことです。

スライス系のボールを打ちやすい「ウィークグリップ」

ウィークグリップはスライスや、フェードを打ちやすくするための握りかたです。

ウィークグリップの握りかたも他のグリップと同様に、小指から順番に握り、親指はグリップの中心に来るようにしましょう。この時、ナックルが1個しか見えない状態にすることがポイントです。

ウィークグリップのメリットは、構えた時にフェースがやや開いているため、インパクトの瞬間にもフェースが右側に開き、スライスボールが出る点です。また、フェースが右側をむきやすいので、アームローテーションの際にボールを左側に行かせようとします。そうすることで、持ち球をドローボールにしやすくなります。デメリットとしては、握りが弱いためボールを捕らえづらく、飛距離が短いことです。自身が回るコースのマネジメントをあまりしない方にはお勧めしません。

まとめ

グリップの握りかたをラウンドに出る前からきちんと知っておくことで、フォームを改善し、ボールの捕らえやすさなどをコントロールすることができます。3種類のグリップの握りかたにはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概にどのグリップが一番だとは言えません。今回紹介したグリップの握りかた3種類を実践し、どの握りかたが自身に合うのかを見極めてゴルフに挑みましょう。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ