HOME > ブログ > コース上での物品の破損をカバーしてもらえる「ゴルファー保険」とは
2018/06/18

コース上での物品の破損をカバーしてもらえる「ゴルファー保険」とは

  • LINEで送る

「ゴルファー保険」のことについて、知っていますか?
知ってはいるけれど、まだ自分には関係ないかも、そんなアナタは必見です。これを知れば、「ゴルファー保険」に関する意識が一変するかも。いつ起こるかもしれないアクシデントに備えためにも、ぜひ知っておいて欲しい情報です。

ゴルフ用品は思いがけないタイミングで壊れる…

「スイングでクラブが木に当たり、シャフトが折れてしまった」
「カートに踏まれて、シャフトが折れてしまった」
「クラブをぶつけて、ヘッドが割れた」
「他のプレーヤーが打ったボールが、自分のシャフトに当たって折れた」

まさか、そう思ったあなたにアドバイス!これらは、実際に誰にでも起こり得るシーンなのです。本来、ゴルフクラブは相当な勢いでダフって地面に叩きつけても、シャフトが折れることはそうそうありえません。

これは、速いヘッドスピードで強烈にシャフトをしならせて、それに抵抗するグリップが衝撃に耐え切れず折れてしまうというというものです。このようなことは極端なケースといえますが、いかにも丈夫に見えるゴルフクラブでも、設計で想定しえないケースでは、意外と簡単に破損してしまうこともあるということです。

そんなとき嬉しい「ゴルファー保険」

ゴルフを始める際、クラブをフルセットで購入する人は多いのではないでしょうか。では、1本のクラブのシャフトが折れたら、交換する費用がどれくらいか知っていますか?実は、新しいシャフト代金と交換する工賃を含めると、ドライバーの場合(もちろん格安のものもありますが)一般的なメーカーのもので、4〜5万円ほどかかることもあります。

万が一のトラブルに、「あってよかった〜」と実感できるのが「ゴルファー保険」。ゴルフファー保険には、クラブの破損のほかにも、ゴルフに関わるさまざまな補償が付いている、ゴルファーにとって本当にありがたいシステムなのです。

《一般的な補償内容》

  • ☑ ゴルフクラブが破損した
  • ☑ ゴルフ用品(ゴルフクラブ・キャディバッグ・ボールなど)が盗まれた
  • ☑ 他のプレーヤーにケガをさせてしまった
  • ☑ 自分がケガをした
  • ☑ ホールインワン・アルバトロスを達成(お祝い費用の補償)

こんなに手厚い補償内容ということは、「さぞ、お高いんでしょう?」これが年間で3〜5千円というお手頃価格。生命保険や自動車保険に付加できるゴルフ特約もあります。「それ、早く言ってよ〜」事実、年に数回コースでプレーする人であれば、いろんなリスクを考えると備えておく価値は大いにありそうです。

補償の対象にならないケースは要確認

ゴルファー保険に入ったから、これでひと安心。という前に、いざというときのために、確認しておいて欲しいのが補償の対象について。保険が適用されない「補償の対象外」のケースがあることも知っておく必要があります。今回の「ゴルフコース内でのクラブの破損」のケースで見てみましょう。

《補償の対象にならないケース》

  • ☑ 経過年月による消耗・変質などによる損害
  • ☑ 保険者の故意または、重大な過失による損害
  • ☑ ゴルフ場・練習場以外の場所での事故
  • ☑ 戦争・紛争などの事変または暴動によって生じた損害
  • ☑ 地震・津波・洪水・噴火などの天災による損害

言い換えると、ゴルフコースで普通にプレーしていたときに起こった破損であれば、ほとんど度適用されると考えられます。

入ったその日から、1日だけでもOK

「明日、コースに行くんだけど〜」そんなアナタも大丈夫!ゴルフ保険は前日でも加入できるものや、1日だけのプランなど種類も豊富にあります。大切なクラブだから、大切な仲間だから、大切な自分だから。ぜひ、「ゴルファー保険」の安心を味方に、思いっきりゴルフを楽しんください。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ