HOME > ブログ > ゴルフ場が緊張感に包まれる非日常!トーナメント観戦に行くときの3つの持ち物
2018/06/14

ゴルフ場が緊張感に包まれる非日常!トーナメント観戦に行くときの3つの持ち物

  • LINEで送る

ゴルフをする人も、しない人も。ゴルフ好きがしてみたいのが、プロのトーナメント観戦ではないでしょうか。その場所に居るからこそ得られるダイナミックな臨場感と緊張感は、まさに非日常です。そんな、トーナメント観戦ですが、コースでプレーをするときとはちょっと違った<観戦必須アイテム>があるのを知っていますか?

今回は、1日を快適に楽しむための、3つの持ち物について紹介します。

1.帽子、日焼け止め、カサなどで日焼け対策!

何をおいても忘れてはいけないのが、日焼け対策といえます。ゴルフ場は、芝生の照り返しなどもあり、とにかく紫外線が強いということを忘れないでください。たとえ曇っていても、紫外線は晴れの日を100%とすると曇りの日は50〜80%なので、決して油断は禁物です。

曇りの日は、晴れの日に比べて過ごしいため、紫外線に無防備になることでかえって日焼けの危険性がアップ!家に帰ってから「日焼けの跡がじりじり」とんでもないことになってしまうこともあります。

日焼け対策には、<帽子><日焼け止め><カサ>のアイテムが定番です。帽子は、普段プレーで使用するものやコースキャディのようなツバが広いタイプであれば万全です。日焼け止めは、顔・腕・脚、さらに忘れてしまいがちな首の周りや手の甲にもしっかり塗っておきましょう。

さらに、こまめな重ね塗りも忘れずに。カサは、ゴルフ用の大きなタイプがベストですが、日傘や折りたたみ傘でも直射日光をさえぎることができて、涼しさも十分感じます。また、突然の雨にも対応できるので、山の変わりやすい天気対策にもなるので安心ですね。

2.折りたたみ椅子で体力温存!

ゴルフコースには、座って休憩するようなベンチや椅子などはほとんどありません。普段のプレーでは、移動中はもちろん、前の組が詰まったときの空き時間などは、カートで座ることができます。しかし、トーナメント観戦では、長時間立ちっぱなしになりがちで、結構疲れてしまいます。

そこでオススメなのが、<折りたたみ椅子>です。通常のアウトドアチェアや三脚タイプのものであれば70gほどと軽量なので、十分1日持ち運びながら観戦できます。待ち時間にこまめに休憩できて、地べたに座るよりもずっと楽に過ごせて便利です。コースをプレーするのには比べ、長い観戦時間の体力温存には役立つこと間違いなしです。

3.双眼鏡で楽しさ倍増!

トーナメント観戦では、場所によって遠くてよく見えないということもよくあります。そんな時に持っていて良かった!というアイテムが<双眼鏡>です。大事な瞬間の選手の表情や仕草をアップで見られて、リアル感がより味わえます。また、前の組のグリーン上のプレーや選手が近づいてくるシーンなども見られて、観戦がいっそう楽しくなることまちがいなしです。

双眼鏡には、コンサート・観劇・スポーツ観戦など用途によって適性があります。また、スポーツ用にも大きく分けると、野外か屋内かなどによって種類が異なります。ゴルフ観戦用で選ぶなら、レンズの倍率は5〜10倍。野外で使用することから、レンズ面にコーティング加工をしているもの。また、天候のことを考えると防水加工のものを選ぶと良いでしょう。

最低限のマナーも一緒に

トーナメント観戦は、私たちにとってはエンジョイするものですが、プレーする選手たちにとっては、真剣勝負の現場です。そんな現場の一体感を楽しむためにも、選手への心遣いも一緒に持ち合わせましょう。

また、トーナメント観戦の際の服装に特に決まりはありませんが、歩きやすく動きやすく、その場にあったファッションをコーディネイトするというのも、楽しみ方のひとつです。

そして、<トーナメント観戦に行く時の3つの持ち物>、ぜひ参考にしてください。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ