HOME > ブログ > 新しいファッションアイテム☆カラーグローブ vol.1
2017/01/16

新しいファッションアイテム☆カラーグローブ vol.1

  • LINEで送る

皆さま、こんにちは!オシャレゴルファーの皆様に朗報です☆
ゴルフウェア、アクセサリー、シューズ、キャディバッグ・・・・オシャレにしている方も多いですが、今度は”グローブ”をオシャレにする時代がやってきました!!

もちろん今までも各社様から、カラーグローブは出ていましたが、こんなにカラーが揃っているところも少ない!そして、なんとこのカラーグローブ、天然皮革で作られています。

 

 

大切なアイテム-グローブ

大切なアイテム-グローブ

 

ゴルフでは、グローブを右利き(左打ち)の方は左手に、左利き(右打ち)の方は右手にやるのが一般的です。女性の場合、手を守ったり、日焼けを心配して両手にやる方もいらっしゃいます。*両手にやることでグリップ力も上がるので飛距離アップにも繋がります。
グローブは手とクラブを繋いでくれるアイテムなので、とても大事なアイテムと言えます。

 

女性ゴルファーに両手グローブを薦める理由(メーカー座談会にて)

ゴルフ用品界 GEW女子部にて http://joshibu.gew.co.jp/937/

 

 

グローブについて

 

グローブの種類

グローブは3種類に分けられます。

・天然皮革
・合成皮革
・前述2種類を併せ持ったもの

それぞれ、良いところはありますが、グローブメーカーではないので、細かいご説明は控えさせていただきます

個人的な意見を言うと、天然皮革はお値段が少し高いけど、グローブは柔らかくて手にフィットする印象です。一方、合皮/天然+合皮2種はお値段は安いけど、天然皮革と比べてしまうとフィット感が劣る印象です。

 

グローブの交換時期

使う頻度にもよりますが、2~3か月に1回ぐらいでしょうか。グローブにこだわっている方は、毎回のラウンドで新しいのをおろすみたいです。そういう方は、グローブを箱買いするとか・・・あとは練習用とラウンド用と分けている方もいらっしゃいますね。そうなると、交換頻度はあまり多くないかもしれません。

 

 

「なぜグローブにカラバリがないの!?」という疑問がカラーグローブ誕生の瞬間

「なぜグローブにカラバリがないの!?」という疑問がカラーグローブ誕生の瞬間

 

今回わたしがインタビューさせていただいたのは、とあるコンペで偶然お知り合いになった、オズクリエイション有限会社の小澤園子代表取締役。とてもオシャレな女性で私服もゴルフウェアもオシャレ☆

園子さんがゴルフを始めようと思った時に、グローブを購入しようとしたところ・・・色の選択肢が少ない!と思ったのがカラーグローブ誕生の瞬間とのことです。

OZC GOLF GLOVESの取扱色は12色。メンズは22-26cm。レディスは18-22cm。素材は天然皮革(羊皮-シープキン)。全色、メンズ用/レディス用とあるので、カップルでお揃いのグローブをするのも良いですね!!わたしの密かな夢です( ̄ー ̄)ニヤ…

 

 

なぜ天然皮革(羊皮-シープキン)にこだわるの?

なぜ天然皮革(羊皮-シープキン)にこだわるの?

 

理由はゴルフクラブの歴史を辿ろう・・・
従来、シャフトはヒッコリー、トネリコ、ハシバミ、リョクシンボク、レモンノキ、ランスウッドで、ヘッドはリンゴ、ナシ、モモ、チェリー、ウメ、バラで、グリップはヒツジ、ブタ、ウマ、ウシ、カモシカの皮を巻いた厚みのあるグリップが特徴だったと言われています。様々な変化があり(省略してすみません)、現在の形になったと言われています。

皆さま、お気づきですか!?グリップにヒツジの皮が使われていた!

昔はグローブはせず、素手でゴルフクラブを握っていたのですが、動物の皮だと手が滑らない!グローブが羊皮って・・・原点。グローブを羊皮にするって理に適っていると思いませんか?手になじむし、滑らないってクラブの歴史を知ると納得~。

 

 

ゴルフ専門誌でもご紹介

ゴルフ専門誌でもご紹介

 

ゴルフ専門誌[EVEN]様でご紹介。(2016年2月号内)
オシャレゴルファーさんたちが読む雑誌に掲載ということは・・・・・オシャレゴルファーさんたちの中で密かな話題になっているかも!?

あなたの周りのオシャレゴルファーさんがカラーグローブをつけていたら、もしかしたらOZCのカラーグローブかもしれませんよ?

 

●EVEN WEB:http://www.sideriver.com/even/

 

 

ゴルフをやる彼に・・・♡

ゴルフをやる彼に・・・♡

 

先日、ゴルフをやる彼がお誕生日だったので、カラーグローブをプレゼントしました!
男性のウェアって普段、シックな色が多い・・・彼をオシャレゴルファーにしてしまおう!と考えたわたしは”DEEP RED-ディープレッド”をチョイスして、プレゼントしました(*^^)v

彼の率直な感想は、『自分ではチョイスしない色だけど、ビビッドな色じゃないから、ウェアから浮くこともないし、使える!最初、カラーグローブって言われたときは使えないかも・・・・どうしようって思ったけど・・・。天然皮革だから、すっごい柔らかい。今まで使ってたやつに戻れないかも~』と言ってました。

 

 

ビビッドカラーではない理由

ビビッドカラーではない理由

 

ビビットでないカラー
ゴルフ場は自然を切り開いて作られます。 それぞれのその自然には動物達が長く生息して来ました。 動物達の目には原色はきつく感じられ、反応してしまいます。

余談ですが迷彩柄(カモフラージュ)が生まれたのも、動物達に気遣った点もあると云われています。
アフリカのサファリでは、観光客の「原色」のパーカーなど服装から持ち物まで禁止したりしている所もあります。

こんな想いもあり、OZCの色には原色ではなく自然の土、木、草、水、花などからイメージして色を決めたそうです。

 

カラーグローブのご購入は・・・・・

OZC GOLF GLOVES オンラインストア

 

販売概要
Color-カラー 全12色
Size-サイズ メンズ 22-26cm、レディス 18-22cm
Price-価格 3,024円(税込)

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ