HOME > ブログ > マメの出来る箇所でゴルフのうまさがわかる!?
2016/12/07

マメの出来る箇所でゴルフのうまさがわかる!?

  • LINEで送る

ゴルフを頑張ってプレイしていると、手にマメが出来ることもあります。

マメがたくさんできている方が練習を頑張っている気がしてまいますが、本当にそうなのでしょうか?

はたまた、ゴルフをしていても、友人と自分ではマメの出来る箇所が見事に違うということはありません?

今回は、ゴルフとマメの深い関係について探ってみましょう。

マメの出来る箇所であなたの特徴がわかる!?

マメが出来る箇所はプレイヤーによって違いがあり、指先に出来る人もいれば指の付け根に出来る人もいるのです。この違いは、グリップの握り方の特徴から来るものです。

例えば、左手の親指の腹側にいつもマメが出来るという人はクラブを振り抜くときに親指に無理な力がかかりすぎている可能性があります。一般的なグリップの握り方として用いられるオーバーラッピンググリップのときに右手の薬指に負担がかかってしまう人は、そこに出来てしまいます。

逆にゴルフがうまい人はあまりマメが出来てしまうことがありません。グリップで無理な負担が指にかからないためです。出来る箇所や出来かたによってゴルフのうまさをある程度推し測れると言えるかもしれません。

 

 

「マメの数ほどゴルフは上手くなる」は本当!?

「マメの数ほどゴルフは上手くなる」は本当!?

 

ゴルフを始めたばかりのころは、グリップのコツもつかみにくく余計な力がかかりがちになるため、たくさんの箇所にマメが出来がちです。その数ほどゴルフが上手くなるという説に関して、確かにたくさん練習をしているとその分マメを作ってしまう数も多くなるかもしれませんが、必ずしも出来た数だけ上手くなるとは限りません。

なぜなら、マメの数はグリップで余計な力がかかってしまっている証拠であり、まだゴルフが上達していない印と見ることができるためです。単純にその数はまだゴルフが下手なことを表していて、上手くなる保証というわけではないのです。

ただし、今まで慣れてきたフォームを大幅に変えるときなどにもマメはたくさん出来てしまうものです。そのようなときは上手くなるための過程としてマメの数があるといってもいいかもしれません。そして、それがだんだん出来なくなってきたらゴルフも上達に向かっているといえるでしょう。最初はたくさんの箇所にマメが出来てつらいかもしれませんが、グリップが正しくなればマメは出来にくくなってくるはずです。

 

 

手にマメが出来たときの正しい治し方

手にマメが出来たときの正しい治し方

 

手のマメはどうしても気になるものですから出来たときにはついつぶしたくなるものですが、それはNG。つぶしてしまうと、そこから細菌が侵入してさらに治りにくくなってしまうのです。手のマメの正しい治し方は、とにかく出来た箇所をきれいに洗って消毒し、ばんそうこうなどでガードすること。できるだけつぶれないようにして治りを待つのがポイントです。

大きなマメが出来てしまうとゴルフの練習をしていても気になりますし強く痛むこともあります。そのような場合は針の先を消毒して小さな穴を開け、たまった体液を出した後にきちんと消毒してばんそうこうなどでガードしてテーピングで固定します。

ゴルフの練習中に手のマメがすぐつぶれて皮もめくれてしまったということもよく起こります。皮までめくれたときはまずしっかり消毒してから、皮膚を保護するワセリンを塗ってコーティングし、ばんそうこうなどを貼ってテーピングしておきましょう。

まとめ

以上、ゴルフで出来るマメについての豆知識をご紹介してきました。

マメから自分のゴルフの癖がわかるというのも面白いですよね。

心当たりがある人は、今日からゴルフの練習方法を変えてみると上達するかもしれません。

できてしまったマメは、上でご紹介した方法で早めにケアしてくださいね。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ