HOME > ブログ > ゴルフ場でついついやってしまったマナー違反はなんですか?
2016/11/11

ゴルフ場でついついやってしまったマナー違反はなんですか?

  • LINEで送る

「紳士のスポーツ」とも言われるゴルフ。同伴者だけでなく、同じゴルフ場でプレーする他の人々とも同じ時間を過ごすスポーツなので、マナーを守ることは大切ですよね。そうは言ってもついついやってしまうのがマナー違反です。

そこで今回は、ゴルファーの方々にやってしまったマナー違反はなにか、アンケートを取っていました。

 

 

悪気はないのだけれど…お喋りや素振りは禁物!

アンケートの結果、プレー中に騒いでしまったりお喋りをしてほかのプレーヤーの邪魔をしてしまったりという人が多く見られました。次いで服装で怒られた人やグリーン上でのマナー違反を指摘された、という人が多いようです。

 

・初めてゴルフコースをまわるときにゴルフウエアーを持っていなかったので、Tシャツで行ってしまった。(40代/男性/会社員)

・初めてやったときに一緒に回ってる人のパットラインに、入り怒られてしまった(30代/男性/会社員)

・決められた場所以外でタバコを吸ってしまったことです。 (40代/男性/会社員)

・グリーン上で走ってしまった事やバンカーをならさなかった事です。(30代/男性/会社員)

・初心者のころ、プレーが遅くならないよう注意していたら、グリーンの上で走ってしまい芝にキズをつけてしまった。 (50代/男性/会社員)

・今思うと本当に恥ずかしいのですが、初めてのコースデビューではしゃいで大声を出してしまい、マナー違反でした。(30代/女性/会社員)

・可愛い服を着てゴルフをしたかったため、正装をしないといけないところで、カジュアルなウェアで行ってしまった。(30代/女性/会社員)

・他のプレイヤーが打つ際に、邪魔になる位置に立っていてしまった。(30代/男性/会社員)

・パターを使用する人の邪魔になるように自分の影をつくってしまった。(30代/男性/会社員)

・ゴルフ場で安全を確認せずに打ってしまい、前でプレイしている人に当たりそうになったことがありました。(30代/男性/会社員)

・タオルを首に巻いたままプレーしてしまい、他のプレイヤーに指摘されてしまいました。(30代/男性/会社員)

・スロープレー。知らず知らずのうちになってしまった。(30代/男性/会社員)

 

他のプレーヤーのプレー中につい素振りやお喋りなどをしてしまった、という人が多く見られました。自分のプレーに集中していたりその場が楽しいあまり、ついつい他の人への配慮を怠ってしまうことが多いようです。

服装で注意された経験のある人も多く、コースだけでなく、クラブハウスなどゴルフ場の他の敷地内でも通用するような格好をすることが求められていることがうかがえます。

またゴルフ場の顔とも言えるグリーンは緊張感の最も高まる場所でもありますので、他のプレーヤーに対する細かな気配りが必要であることが分かる結果となりました。

 

 

マナーは一緒に回る人や他のプレーヤーへの気遣い

マナーは一緒に回る人や他のプレーヤーへの気遣い

 

アンケートによると、マナー違反の多くが他のプレーヤーのプレー中における態度にあることが分かる結果となりました。

ゴルフ場では自分だけでなく、同伴競技者や他のラウンドをまわっているプレーヤーもいることを考えて行動することが大切なことのようです。

またゴルフはメンタル面が非常に重要なスポーツであることからも、マナー違反の多くはゴルファー同士が互いに相手のプレーの邪魔をせず、気持ち良くプレーするためのものであるというのも頷けますよね。マナーを守ることは、自分だけでなく周囲も含めてその日一日ゴルフを満喫するために重要なポイントと言えるようです。

 

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】30~50代 【職業】会社員
■調査期間:2016年09月23日~2016年10月07日
■有効回答数:100サンプル

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ