HOME > ブログ > ゴルフにはどんな効果があるの?ゴルフを始めて変わったことは?
2015/10/25

ゴルフにはどんな効果があるの?ゴルフを始めて変わったことは?

  • LINEで送る

“今や小学生が大人のプロと戦うほど広く親しまれるようになったゴルフ。極端にハードな動きがないことから、老若男女問わずにできるスポーツの一つと言えるのではないでしょうか。また、歩くことが多いので健康的なイメージがありますが、実際にゴルフをするとどのような効果があるのか気になるところですよね。

そこで、ゴルフをやり始めてどんな変化が起きたのかゴルフ経験者にアンケートで調査しました。”

 

運動不足の解消ができたり集中力が高まったりと嬉しい効果が!

“アンケートの結果、運動不足の解消ができた人、集中力が高まった人、ウエストにくびれができた人など様々な回答が得られました。

 

・歩く歩数が増えて、体力がついた。運動することが、おっくうじゃなくなった。(40代/女性/専業主婦)

・ゴルフ場で、コースプレーするとハーフマラソン並みの距離を歩くので、運動不足解消と内臓脂肪が減りました。(40代/男性/自営業(個人事業主))

・ゴルフをやり始めて変わったことは、運動しようという気持ちが持てるようになった。(30代/女性/専業主婦)

・腰のキレが良くなった気がするし、歩くので運動不足の解消になります。(30代/男性/会社員)

・ここぞという時にぐっと集中を高められるようになった。集中力の向上(20代/女性/専業主婦)

・筋肉質になり、体格に変化がありました。集中力が高まり、性格にも少し変化がありました。(20代/女性/会社員)

・ウエスト周りが引き締まったような気がします。スウィングのせいでしょうか…。(30代/女性/専業主婦)

・ウエストによりくびれが出来たこと。日常ではしない動きをしているからだと思います。(30代/女性/無職)

 

■調査地域:全国

■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49

■調査期間:2015年09月01日~2015年09月15日

■有効回答数:100サンプル”

 

このように、ゴルフをすることによって得られるメリットはたくさんあるようですが、最も多くの意見が集まったのは運動不足の解消でした。地味なスポーツのようにも思われますが、ハーフマラソン並の距離を歩くということで、体感以上にハードなスポーツのようです。また、ボールを打ちカップに入れようとする行動が集中力を高めるのに役立つことが分かりました。さらに、腰を捻って打つ動作がウエストをくびれさせる、体が引き締まったように感じなるなど、女性にとって喜ばしい効果が得られた方もいるようですね。”

 

実はハードなスポーツ!健康的な体でナイスショットを!

“今回のアンケートでは運動不足の解消を挙げた方が多く見られたように、ゴルフをすることで健康的な体を手に入れられる可能性があることが分かりました。また、カップにボールを入れるために集中力が磨かれた方も多くいましたね。

ゴルフはゆったりと楽しむ大人のスポーツというイメージがあるかもしれませんが、静かながらも全身を使うハードなスポーツと言えそうですね。これからゴルフにチャレンジする方、始めたものの未だにコースには出ていない方も続けることで思わぬ効果が得られるのでは?ゴルフで心身共に健やかになってナイスショットを決めて下さいね。”

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ