HOME > ブログ > もう知っていますか?初めてのコースデビューで気を付けるべきこととは
2015/10/04

もう知っていますか?初めてのコースデビューで気を付けるべきこととは

  • LINEで送る

最近またブームが来ているゴルフ。合コンや接待がきっかけで始める人が増えています。練習場でスイングの練習もバッチリだけど、コースデビューのマナーがいまいち分からない人のために、気を付けたいポイントを紹介します。

 

 

ラフな格好はNG!服装に気をつけよう!

ゴルフは紳士のスポーツ、ゴルフ場にはドレスコードがあります。きちんと襟のあるシャツを着用し、裾は出さないようにしましょう。基本的にゴルフウェアを着用すれば問題はありません。クラブハウスではジャケットの着用が原則です。運動しやすいからといってジャージやジーンズ、TシャツなどはNG、おしゃれとマナーは別物です。

 

また、ゴルフ場に行く時、帰る時も、服装には気を付けましょう。ジーパンや短パン、サンダル、スニーカーなどのラフな格好でゴルフ場を訪れる人が増えています。しかしゴルフは紳士的な風土を含めて楽しむスポーツ。そのことを意識した服装と振る舞いが大切です。海外では、プレーしない人も服装のマナー違反で入場を断られることがあるほどです。また、プレー中のキャップやバイザーの着用は必須。これは日差しから目を保護するだけでなく、ボールから頭を守るための安全配慮でもあります。

 

 

コースではプレーファーストに気をつけて!

ゴルフは一日掛けて過ごす長時間のスポーツ。同伴者だけでなく、同じゴルフ場で過ごす他のプレーヤーにも気を払い、気持ちよくプレーすることを心がけたいところ。先行の組でプレー遅延が起きると最終組は大幅な遅延になってしまいます。使うクラブは自分の順番が来る前に選んで2~3本持ち歩き、時間短縮に気をつけてテキパキ動くのが大切です。

 

また、先行のプレーヤーとの距離を意識して打つ方向に人がいないか確認し、打ち込み事故が起きないよう気を付けましょう。初めてグリーンに乗ると興奮しますが、グリーンの芝はとても繊細。走らずそっと歩き、人のパットラインを踏まないように気を付けましょう。芝を踏むと傷がついてパッティングに影響が出てしまいます。

 

 

事故防止のためのポイント

コースデビューはついついテンションが上がりがち。でもクラブやボールは万が一にも人に当たれば、大怪我になってしまいます。事故防止のポイントを挙げます。

 

1)人の近くでスイングしない

順番が来る前に練習したくなりがちですが、スイングをする時は周囲に人がいないか必ず確認しましょう。姿勢を撮影して貰う場合でも、クラブと腕の長さを足し更に2メートル以上は離れて。スイングしたクラブが当たると、骨折などの重大事故になります。

 

2)打つ人の前後に立たない

ボールやクラブに当たる可能性があり、非常に危険な行為です。また、集中と視界の邪魔をしてプレーを妨害する行為は、紳士のスポーツとしても決して、してはいけません。

 

3)打ち込んでしまったら「フォアー!」と大きな声で危険を知らせる

誤って隣のホールや前の組に球を打ち込んでしまった時は、すぐに大きな声で「Fore(フォアー)!!」と声を掛け、危険を知らせてください。ボールに当たって死亡する事故は少なくありません。

 

期待と緊張が入り混じるコースデビュー。不注意によるマナー違反や事故で、せっかくの楽しいゴルフに水を差さないよう、気を付けるべきポイントをおさえ、安心・安全にコースデビューを楽しみましょう!

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ