HOME > ブログ > 事前のウォーミングアップで体を温めて動き易い体にしよう
2015/09/11

事前のウォーミングアップで体を温めて動き易い体にしよう

  • LINEで送る

体が鈍っていては思うような動きができません。また、体が温まっていない状態のままでの激しい動きは、怪我の元にもなります。怪我なく、愉しく快活にラウンドを回るには、事前のウォーミングアップが大切です。まずは体を慣らして、それから挑みましょう。

 

 

ストレッチから

体を動かす前のストレッチには、大きな効果があります。筋肉や体の筋を伸ばす事で血液の流れが良くなり、体が温まって来ます。血液の流れが良いと疲れが出にくくなります。ゆっくりと深呼吸をしながら行うと、更に効果的です。ストレッチをする事を侮ってはいけません。ストレッチには多大な効果があり、より愉しく有意義にゴルフができる事にも繋がります。

 

 

怪我防止にも

運動不足のまま体を動かすと肉離れや、ひどい場合には骨折といった大怪我になってしまう場合もあります。特にゴルフの場合、止まった姿勢のまま、瞬間的に圧力が掛かる動作を多く要しますので、体を痛めてしまう事も多いです。痛めてしまいやすい足や足首などは、時間をかけて念入りにストレッチするといいでしょう。靭帯や筋肉の伸縮性を柔軟にする事で、心にも余裕が出てきます。ストレッチを怠って、慌てて走ったり、急に負荷のかかる激しいスイングをすると、肉離れになるかもしれません。また、足首の捻挫もしやすくなります。怪我を防止するためにも充分なストレッチを欠かさない事は大切です。

 

 

有酸素運動が有効

激しい運動をする必要はありませんが、ストレッチの後、少しだけ有酸素運動を取り入れるといいでしょう。軽度のランニング、あるいはウォーキングでも充分です。ストレッチにプラスして行うと、更なる相乗効果があり、体がほぐれるばかりでなく、キレも出てきます。また、運動に適した活動的な体が出来上がりやすくなります。活動的な体は、よりアクティブに動けるばかりか、高スコアにも繋がります。ストレッチと併せて行うと効果的だという事を知っておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

ウォーミングアップの大切さ、またその効果を知る事で、ゴルフをより愉しいものに出来ます。また自分の体を守る事にも繋がります。体のみならず、心の準備に繋がるのも、ウォーミングアップの優れた要素です。ラウンドを回る前には、少し時間に余裕を持っておく事を心がけ、心身ともにリラックスさせてから挑むといいでしょう。事前に体を動かして、軽い運動とウォーミングアップをする事で、心身ともに愉しくゴルフをするための準備をするようにしましょう。

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ