HOME > ブログ > ゴルフでよくあるペナルティルールを覚えよう!
2015/08/21

ゴルフでよくあるペナルティルールを覚えよう!

  • LINEで送る

ゴルフは、ルールを破るとペナルティを課されます。1打か2打を罰として、スコアに加えられるのです。『いかに少ない打数で回れるか』が勝負のゴルフ!良くあるペナルティのシチュエーションを知って、少しでも打数を増やさないようにしましょう。

 

 

バンカー内で、ボールが砂に埋まってしまったら?

勢いよく打った球がバンカーに。砂の種類によっては、ボールが深く埋もれて厄介なことになります。バンカー内でのプレーで最も覚えておかなければならないのは、手でもクラブでも絶対に砂に触れてはいけないということ。もし、触れれば2打罰です。しかし、ボール全体がすっぽり埋もれてしまった場合は、罰なしで球の一部が見えるまで砂を取り除くことが可能です。しかし、自分のボールか分かった時点でストップしないと、ライを改善したとみなされて2打罰をくらうのでご注意あれ!

 

 

あぁ、ウォーターハザード!池ポチャしてしまったらどうする?

ボールが池に落ちて続行不可能になったら、二つの方法があります。一つは、直前に打った場所から打ち直し。もう一つは、ボールが最後に横切った地点とピンを結んだ後方線上にドロップして打ち直します。どちらも1打罰です。ウォーターハザードには、赤杭と黄杭がありますが、赤杭の場合『ラテラルウォーターハザード』と呼ばれ、別の救済措置も加わります。これは、球が最後に池を横切った地点から2クラブ範囲内にドロップできるというもので、場所によってはかなり有利な所から打ち直しが可能になるので、覚えておきましょう。

 

 

グリーンの傷跡は、直してよいの?

よくパッティングの時、芝をパターでとんとん叩く人がいますよね。パットの線は直してはいけないのでは?と思われがちですが、あれはボールマークを消しているのです。ボールマークとは、グリーンの上にボールが落ちた時に出来たくぼみの事で、これは、ペナルティなしで修正できます。しかし、ついでにとパットの線上やホール周辺のスパイク傷まで修正すると、2打罰となります。例外として、同伴プレーヤーがあなたのパットの線上にスパイクマークをつけてしまったら、それを元の状態に戻すことは認められています。これは、ペナルティなしで、誰が修復してもOKです。

 

こう見ると、ゴルフのルールは一見複雑そうに見えますが、「紳士、淑女のスポーツ」として公正の理念を元にして考えると、納得できるものが多いです。ルールを知ってそれに則ってこそ醍醐味が味わえます。ゴルフを目一杯楽しみたいのなら、練習と同時にルールに詳しくなることも大切ですね!

 

参考文献

『よくわかるゴルフルール』(主婦の友ポケットBOOKS、小山混著)

 

藤倉シャフト
 
Speeder EVOLUTION Ⅴ