最新記事

2021/02/10

Golfistaマンスリープレゼントキャンペーン始まります!!

この度、Golfista(ゴルフィスタ)ページ内で、マンスリープレゼントキャンペーンを開催することが決定致しました!!

第一弾の2月は、グリップメーカーのGolf Pride(ゴルフプライド、日本フェイウェック㈱)です。

 

👇 Golf Prideについての記事はこちら👇

~ゴルフプライド~ グリップの選び方とグリップデザインのお話

https://www.golfista-fs.com/blog/2020/11/27/1-76/

 

来月以降も毎月プレゼントキャンペーンを開催する予定です!

お楽しみに★

 

◆応募方法

  1. Golfistaページにある『プレゼントページ』へアクセス。

https://www.golfista-fs.com/blog/campaign/20210101-2/

☝2月のマンスリーキャンペーンページ。

 

  1. ページ下部にある、エントリー要項に入力。

〇お名前(ふりがな)

〇メールアドレス

  1. あとは当選の発表を待つだけ・・・・

 

  1. 当選のメールが来たら、URLにアクセスし、送付先情報を入力し、到着を待つだけ!

 

※エントリーは、毎回入力が必要となります。

 

◆情報収集方法

肝心なのは、いつ、マンスリープレゼントキャンペーンが行われるのか・・・・次のキャンペーンプレゼントは何か・・・・

全ての情報がわかるのは、”Golfista Facebook”と、Golfistaページ!

 

 

この機会にぜひ、Golfistaをフォローお願い致します。

▶Golfista Facebookページ

https://www.facebook.com/golfista.f

 

▶Golfista

https://www.golfista-fs.com/

 

皆さまのご応募お待ちしておりますm(__)m

2021/02/05

ロバート・トレント・ジョーンズJr設計、イーストウッドカントリークラブにいってきました!

 世界30ヶ国以上で300近くのコース設計に携わり、高度な戦略性と美しい景観でゴルファーを魅了し続けている設計家、ロバート・トレント・ジョーンズJr。
 今回の栃木県宇都宮市に位置するイーストウッドカントリークラブも、彼によって手がけられたコースクオリティの高い魅力の18ホールでした。
 
自然を生かし、景観と池を巧みに組み合わせた比較的フラットな丘陵コース。
戦略性が必要とされる設計に、コースの美しい景観が加わると、なんともいえない緊張感と和みを感じさせられます。
 
また、PGAシニアツアーすまいーだカップの開催地ともなるこのコースは、サービスもとても充実していました。
 

充実の室内環境とサービス

天候に関係なく利用できる室内練習場には、弾道解析機のトラックマンが完備されていました。スタート前、今日の調子を知るのに最適ですね!空いた時間の練習にも最適です!その他、会員様専用のフィットネスジムも完備されていました!
 
 
レストランでは、昼食時にアルコール含むドリンクバー、乳製品や乳飲料のサービスがあり、ホール途中の売店ではドリンクのサービスがありました!私はこれが1番の楽しみ!なんていったら笑われてしまいますが、、、プレーの合間にも楽しいヒトトキを過ごせました。
 
 

印象に残った8番ホール

 イーストウッドカントリークラブのアウトコースは、フェアウェイはフラットに設計されており、四季折々の美しい風景が楽しめるように設計されているそうです。
 アウトコースで私が印象に残ったホールは8番ホールパー5です。ゴールドティ512ヤード、ブルーティ498ヤード、ホワイトティ473ヤード、レッドティ414ヤードのホールとなっています。距離は特別に長いわけではありませんが、テーショットでは右サイドがOB、270ヤード以上飛ぶプレーヤーは左サイドの池が絡んでくるホールです。グリーンを狙うショットでは、グリーン周りに12個ものバンカーが連なっています。グリーンは横に長いので、ピンポジションが右なら右に、左なら左にちゃんと打てることが必要になってきます。ただし、グリーンを狙うショットをどの位置から打つかによって、グリーンを縦長に使うこともできます。コースマネジメントが上手にできると、素敵な“ご褒美”があるかもしれませんね!
 
(8HPAR5)
 
8番ホールレイアウト
 
(最終閲覧日2021年1月23日HPより引用:https://www.eastwoodcc.jp/course/hole08.html#parentHorizontalTab3 )  
 

インコース11番ホール

 
距離のあるショートホール。
平坦なため一見簡単そうにみえるものの、グリーン右手前と左奥にバンカーがあり緊張感を感じます。またグリーンも大きくピンの位置によってはアンジュレーションも難しくなってくるのでグリーンに乗っても油断大敵です!
 
(最終閲覧日2021年1月23日HPより引用:https://www.eastwoodcc.jp/course/hole11.html
 

インコース17番ホール

 
 インコースは、池越えや谷越えのホールなど変化に富んだ、戦略性のあるホールになっています。
特にインコースで印象に残ったホールは17番ホールパー4です。
このホールではグリーンのアンジュレーションにとても驚きました!
 
 
まるで海外ツアーのような形状で、右中央のピンの時は右奥から戻してよせる、、なんて技も繰り広げられそうな予感です。
 
(17H PAR4)
 
17番ホールレイアウト
(最終閲覧日2021年1月23日HPより引用:https://www.eastwoodcc.jp/course/hole17.htm )
 

アクセス

 
〇お車でお越しの方
東北自動車道・上河内SA/スマートICから約4分。
宇都宮ICから約15分。
 
※上河内SA/スマートICをご利用できるのはETC搭載の全長12m以下の車種のみです。
 
※宇都宮ICを降りてから日光宇都宮道を直進すると徳次郎ICで降りることができませんのでご注意ください。
 
〇電車でお越しの方
JR東北新幹線・山形新幹線・JR宇都宮線・JR日光線「宇都宮駅」下車。車で約30分。
宇都宮駅から、タクシーで約30分(6000円程度)です。
 
〇クラブバスご利用の方
宇都宮駅西口側の「トナリエ」前から、8:20発。満車や貸切等で出発時間が変更になる場合がございますので必ずコースへご確認下さい。
 

まとめ

都心からのアクセスもしやすく、気軽に楽しめるトーナメントコース、イーストウッドカントリークラブ。
シニアツアーで使われるゴルフ場ということもあり、私はグリーン周りの攻略に1日中頭を使いました(笑)
人気、実力ともにゴルフコース設計界では広く支持されているロバート・トレント・ジョーンズJr。彼が手がけたコースを、是非1度体験してみてはいかがでしょうか。きっとゴルフの面白さ、楽しさを実感すること間違いなしです!
 
イーストウッドカントリークラブ HP:https://www.eastwoodcc.jp/
 
文:ライター 和奏

2021/02/03

練習器具 TRS(ツアーローテーションスティック)のご紹介です!

 

皆様は今流行りのTRS(ツアーローテーションスティック)という練習器具をご存知でしょうか?

 

 

 

なんとこのTRS(ツアーローテーションスティック)、ゴルファーであれば誰もが憧れているであろう「ハンドファースト」のインパクトを誰でも簡単に作れるとのこと。
ヨーロピアンツアーなどでは既に大流行中の練習器具らしく、PGAツアーでも活躍しているトミー・フリートウッド選手も使っていました。
ミーハーな私も早速購入してみましたよ!

 

購入はTRSの公式HPから注文しました。
https://trsgolf.co.uk

 

英語が喋れない私でもちゃんと注文できたので安心です(笑)

値段は30ポンド+送料代で約9000円と、やや練習器具にしてはお高めでしたが、トミー・フリートウッド選手も使っているのであればいたしかたありません。笑

さて、このTRS(ツアーローテーションスティック)ですが、上の画像の左端部分をクラブのグリップエンドに装着して使用致します。

 

 

 

 

 

 

取り付け方は非常に簡単で、ネジを緩めると蓋が開き、グリップエンドに被せてまたネジを締めるだけで装着完了です。

そしてこのように構えます。

 

 

 

 

 

スティックが左腰の横側に、当たるか当たらないかくらいの位置で構えます。

あとは非常に簡単!
その当たるか当たらないかのスティックの位置関係を常にキープしてスイングするだけ!

と、思っていたのですが、これが意外と難しい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメの練習方法

基本的にはフルショットではなく、ハーフスイングくらいの小さなスイングでゆっくり振りながらじわじわと体に馴染ませていく練習が良いと思います。

フルショットでも何回か打ってみたのですが、スティックが体に当たったか当たってないかが分かりません。笑

そして、アドレスでスティックが左腰に当たらない位置で構えると、すごくハンドファーストがきつい構えになるので、そもそもスイングが振りづらくなりまし、やりすぎたハンドファーストになります。

あくまでも、フルショットではなく、小さなスイングでゆっくり振る練習が良いと思います。

 

率直な感想とTRSをおススメしたいゴルファーとは

 

さて、TRS(ツアーローテーションスティック)を使ってみた個人的な感想なのですが、確かにハンドファーストのインパクトが作れるし、体感できます。

ただこれは、アドレス時からかなりハンドファーストで構えられた形なので、「そりゃ〜多少はハンドファーストでインパクトしやすいだろうなぁ〜」と思いました。笑

私個人としてはどちらかと言うと、しっかりとボディーターンが出来ていないとスティックが体に当たってしまうので、普段から手打ち気味な方や体が回転しづらい方にオススメの練習器具であるなと思いました。

ちなみに、コース直前などでこの練習を行ってもすぐ良くなるわけではありません。

基本的に練習器具というものは長い期間をかけて、少しずつ形がよくなっていくというものになりますので、即効性が欲しい方や一夜漬けでどうにかしたい方などにはこの練習は向いていません。

逆に辛抱強く、コツコツと練習できるタイプの方には非常にオススメの練習器具なので、是非とも使ってみて下さい。

 

購入はTRSの公式HPで : https://trsgolf.co.uk

文:ライター ヒデGOL

2021/01/27

群馬県のチャンピオンコースの1つ、白水ゴルフ倶楽部にいってきました!

群馬県渋川市に位置する白水ゴルフ倶楽部は、1998年に丸山茂樹プロが優勝した第8回PGAフィランスロピートーナメントの開催コースです。PGAフィランスロピートーナメントは、1991年から1998年と2000年に開催された大会です。この大会は、大会の収益金や優勝賞金の一部を開催する自治体などの社会、医療、福祉活動に役立てるチャリティトーナメントです。

第8回の開催コースであった白水ゴルフ倶楽部は山の中にありますが、丘陵のような雰囲気を感じるチャンピオンコースでした。

 

クラブハウス内

 

クラブハウスに入ると、エントランスに白鳥をモチーフとした72羽のシャンデリアがあり、笑顔のスタッフさんたちがお出迎えです。

外壁には群馬県特産の高級三波石を使用し、平成8年にはグッドデザイン賞をも受賞されています。

クラブハウス内では絵の展示会が開かれていました。中にはオークションに出品されているものもあり、お気に入りのものがあればその場で入札!なんてことも可能です。

 

 

 

印象に残ったホール

 

白水ゴルフ倶楽部は、全長7,118ヤードの本格チャンピオンコースです。

JGA、USGAコースレーティングは、バックティで73.0です。

難しいホールが多い中、特に私が印象に残ったホールは13番ホールPAR4です。

このホールは広いフェアウェイのパー4ですが、バックティで470ヤード、レギュラーティ414ヤード、レディスティで316ヤードのホールとなっています。

一見真っ直ぐで簡単そうに感じますが、距離が長く、しかもグリーンのアンジュレーションがきつかったです。ティーショット、セカンドとうまくいってパーオンしたとしても安心はできません。このホールは、とても難易度の高いホールだと思います。

山岳地帯ならではの地面の硬さや起伏、そしてコースの設計に、改めてゴルフの楽しさを感じられるホールでした。

 

 

そして18番ホールPAR5。

このホールは軽い打ち下ろしのパー5でバックティ544ヤード、レギュラーティ519ヤード、レディスティ439ヤードのホールとなっています。

グリーンを狙うショットでは池が絡み、グリーン手前には大きなバンカーが口を開いて待ち構えています!最終ホールならではの緊張感を味わえるホールでした。

 

 

 

ティーマークは白鳥を象ったマークがあり、コースの遊び心がとても素敵です。

 

私が行った日のグリーンスピードは9.5フィートでしたが、地面の硬さや地形の問題なのか、この日は下りにつけるとスーっと転がるイメージで数値以上の速さを感じました!

 

 

練習環境

 

練習場はコースから少し遠いのでカートを借りての移動となりました。

距離は270ヤードと、ドライバーも伸び伸びと打てて、アプローチやバンカーも思う存分練習できました。

練習グリーンは、広く大きく、そしてアンジュレーションもあるのでスタート前のよいイメージ出しができるかと思います。ラウンド後にもいい練習ができそうでした。

 

まとめ

 

トーナメントコースならではの難しさを兼ね備えながらも、一般ゴルファーも十分楽しめるコース、白水ゴルフ倶楽部。『豊かな自然と高い戦略性が見事に調和するゴルフコース』ゴルフ場の掲げる言葉そのものを実感してきました!

 

都心からのアクセスもしやすく、少人数でのラウンドから大人数コンペなど、気兼ねなく楽しめるゴルフ場です。ぜひ1度皆さんもプレーされてみてはいかがでしょうか。

 

※通年でジュニア・学生割引もあります。保護者同伴プレー限定となりますが、平日3300円、土日5500円で利用が可能で、1ラウンド4人セルフプレーで昼食付になるそうです。

ホームページ掲載の割引プラン情報をチェックしてみてください。(2021年1月8日現在)

 

アクセス

 

〇お車でお越しの方

渋川伊香保ICから10km(約15分)、

月夜野ICから30km(約30分)。

 

〇電車でお越しの方

JR上越線・特急・新特急・渋川駅で下車。車で10km(約15分)。

新潟駅から新幹線で上毛高原駅下車。車で約35分。

 

 

白水ゴルフ倶楽部 公式ホームページ

https://www.shiromizu-gc.com/

 

文:ライター 和奏

2021/01/22

『ケアソク』 ゴルファーの皆さん、ソックスにこだわりはありますか?

先日、インスタグラムのタイムラインに、ソックスの広告が表示されました。

そのソックスの名前は“ケアソク”というソックス。

広告には、“新発想、フットヘルスウェア”「インナー5本指」「かかとハニカムクッション」「横アーチサポート」というメッセージと、“常識を変える靴下で、走れる、動けるカラダに。” と書かれていました。

この言葉の中でも特に「インナー5本指」という言葉に惹かれ、思わず購入してみました。

一体、インナー5本指ソックスはどんな履き心地なのでしょうか。

 

新潟医療福祉大学との共同研究で完成

 

このケアソクは、新潟医療福祉大学教授の阿部薫氏との共同研究で発売された靴下とのこと。

インナー5本指のソックスは、通常の5本指ソックスと比べて、指の広い範囲が地面につくそうです。また、一般的な靴下と比べると、指がしっかり地面を使えるようになるという科学的エビデンスもありました。

 

(最終閲覧日2021年1月7日HP引用: https://www.caresoku.com/product/totonoeru/ )

 

 

ケアソクブランドの“ととのえる”を購入

 

くるぶしまでの靴下とふくらはぎ近くまである靴下の2種類を購入しました。

靴下を履く前の印象としては、踵のクッションがかなりしっかりしていて、どちらかといえば硬めで、横アーチサポートはかなり絞られている印象。

インナー5本指の部分は、指と指の間に縫いつけがありました。

実際に裏返してみると、写真のようになっていて、このように仕切りが設けられています。

この仕切りに一本ずつ足の指を挿入していきます。

 

 

履いてみると、意外に履きやすく、すんなり指1本1本を簡単に入れることができました。

正直、最初はかなり指の間に違和感がありましたが、時間が経つと慣れもあってか、ほとんど気になりませんでした。あとは、靴下だけで室内を歩いていると踵のクッション性をかなり感じることができました。

 

コースでの使用感

 

実際にコースで“ととのえる”を履いてプレーしてみると、フローリングで感じたほどの踵の硬さを感じることはありませんでした。踵に硬さがあるのでどちらかといえば、柔らかめのインソールと相性がいい感じがします。

インナー5本指の部分は、常に指が離れているので、プレーヤーによっては違和感がある人もいるかもしれません。ですが慣れれば、こんな快適な靴下はないと思います。

通常の5本指ソックスでは、指1本1本に靴下で締め付けられてしまいますが、この“ととのえる”にはそれがありません。指の間に仕切りを作り、その周り全体を包んでくれています。

5本の指がわかれていることで指の感覚がありながら、足指の圧迫感がない点が素晴らしく、より足指が使いやすいと感じました。意外と通常の5本指ソックスは、ラウンド中にシューズ内でソックスが脱げてくることもありますが、“ととのえる”には脱げる恐れが全くありません。

ラウンド後、シューズを脱いだときにも、足指がわかれているので、汗の不快感は少なく、とても快適だった点も良かったです。足に汗をたくさんかく人にもすごくいい靴下だと思うし、夏場のゴルフでも大活躍しそうです。

このケアソクは、一般的な靴下よりも高級ですが、私は納得できます。

(くるぶしまでの靴下は、2750円~2915円(税込)、長めの丈の靴下は、3300円~3520円(税込))

足に直接触れるものであるからこそ、なんでもいいではなく、ちょっとこだわったものを使った方がいいと思います!ギフトにもおススメです!ぜひ、お試しください!

 

 

HP: https://shop.caresoku.com/

文:ライター ゆき

もっと見る