最新記事

2020/11/27

~ゴルフプライド~ グリップの選び方とグリップデザインのお話

日本フェィウィック株式会社にお伺いして、“Golf Pride” のマニアックな話をお聞きしてきました。

前回は製造の話(前回URL:https://www.golfista-fs.com/blog/2020/11/06/1-69/)、今回はグリップの選び方からグリップデザインのお話をお届けいたします。

 

 

グリップの太さは、ゴルファーの握り方にも影響されるといいます。

例えば、フィンガー(指)で握るタイプのゴルファーはグリップを細めにする傾向があったり、パーム(手のひら)で握るタイプのゴルファーはグリップを太めにする傾向があったりするそうです。

 

これらは身体的特徴に合わせた選び方ですが、もう一つ重要な選び方は、「どんな悩みをもっているか?」ということから自分の最適なグリップを見つける方法です。

 

最適なグリップを見つけよう

「どんな悩みをもっているか?」

例えば、「フックに悩んでいる。」という悩みだったとしましょう。

 

その場合に、グリップ全体が太い寸胴タイプのCP2シリーズミッドサイズや、ジャンボサイズを試してみたり、グリップ下部をテーパーレス形状にすることで下巻きテープ4枚分と同等の太さを実現したプラス4シリーズを試してみたりすると良いかもしれません。

グリップを太くすることで“あそび”が少なくなるため、ゴルフクラブのコントロールがしやすくなるかもしれません。

 

また、切り返しでのグリップの握り直しがなくなったという声もあるそうです。

グリップ交換することでスイング変化が起こるのは、大いにあると思います。

 

 

 

製品URL: https://www.fawick.co.jp/gp/products/cp2/

 

ゴルファーのタイプによっては、細いグリップの方がクラブコントロールしやすくなる人もいるでしょう。こればかりは、ゴルファーそれぞれが “テスト”する必要がありそうです。

 

太めのグリップは試すべき

プラス4シリーズは、下巻テープ4枚分と同等の太さを実現したグリップで、左右の手がバランスよく握ることのできる形状になっています。その為、ミート率の向上にも影響します。また、クラブを短く持っても下になる手が細く感じず、通常の位置で握っているのと同じ感覚で握れます。特にウェッジは短く握ることも多いと思うので、下の手が細く感じないのは、クラブコントロールしやすく感じるのではないでしょうか。

 

 

PLUS4シリーズ 製品URL: https://www.fawick.co.jp/gp/products/plus4/

 

このグリップが生まれた背景には、ツアーでのフィードバックがあるといいます。

プロが下巻テープを増やし、グリップを太くしていったことがこの製品が生まれるヒントになったそうです。

 

このグリップの誕生により、だれがグリップ交換しても仕上がりが均一になりやすくなり、作業時間も短縮されるなど、クラフトマンにとってもいいこと尽くしのようです。

 

これらのアイデアは、ゴルフプライドのツアー使用率が高いため、多くのフィードバックを得られていることに起因しています。これも“ゴルフプライドの強み”ですね。

 

グリップデザインについて

 

グリップの溝に注目して、ちゃんと見たことはありますか?

様々なモデルで様々な形でグリップの溝がデザインされています。

 

 

ツアーベルベット・ラバー 製品URL: https://www.fawick.co.jp/gp/products/vtm.html

 

 

ALIGN 製品URL: https://www.fawick.co.jp/gp/products/align/

 

これらのグリップデザインは、溝の切り方や、溝の密度、間隔、深さ、溝の幅によって柔らかさや硬さの感じ方が変わるといいます。機能面でいえば、雨の日の水はけも変わってくるそうです。

よく見ると、いろいろなデザインがあります。たくさんの種類を触ってみてください。自分自身の手に伝わる感覚がどれも異なります。その違いは、だれが持ってもわかるものです。

 

 

写真はALIGN(アライン)です。

このモデルでは、バックライン(盛り上がり)を感じやすくするために、バックラインを外付けにし、カラーを変え可視化、そして硬さも変え、溝にも特徴があります。

 

この盛り上がった線は“レイズドリッジ”と呼ばれ、スイング中でも常にクラブフェースの向きを感じられるメリットがあります。そして、溝はマイクロ・ダイアモンド・テクスチャーと呼ばれ、手とグリップの食いつき感の向上をさせています。

 

アラインは、アスリート志向のプレーヤーからはフェースを感じやすいというフィードバックと、一般アマチュアゴルファーからは常に同じところで握ることができると、幅広いゴルファーに受け入れられています。

手のひら全体でクラブを握ることができれば、当然グリッププレッシャーを軽減できるメリットも出てきます。どうしてもグリッププレッシャーが強く、スイング中にチカラが入りやすいゴルファーには、最適なグリップかもしれませんね。

 

 

グリップ交換のすすめ

 

“ゴルフプライドは、1年に1度もしくは36ラウンドを目安にグリップ交換を推奨”

 

グリップは、クラブを変えるよりも、シャフトを変えるよりも、安価で変えることができます。しかも、様々な特徴を持たせたグリップが発売されています。まずは“1本”変えてみることをおススメします。グリップが変わることで、安定感が出るかもしれないですし、グリッププレッシャーが最適になり、飛距離のアップにもつながるかもしれません。

クラブとプレーヤーの唯一の接点は、“グリップ”です。

もっと、グリップに注目してみませんか。

 

 

 

日本フェィウィック株式会社 HP:  https://www.fawick.co.jp/gp/

 

文:ライター ゆき

2020/11/25

股関節とゴルフスイング。専門用語を理解しよう!

ゴルフファンの皆様こんにちは!

突然ですが皆様はどれくらいのペースでゴルフしていますか?

ゴルフを言葉で表現すると、地面に止まっているゴルフボールをライ角のあるゴルフクラブで打っていくわけなのですが…

動作として非日常的ですよね。。

 

今回はこの非日常的なゴルフ動作を身体から意識して掘り下げてみましょう〜!

 

勉強していくポジションはとーっても大切な股関節です!

 

理解その①地面にあるボールを打つ

 

ゴルフでは地面にあるボールを打つために前傾角度が必要です。

 

誤解しがちな前傾姿勢のエラーとして胸から前傾角度を作ってしまう事が多くみられるのですが、こうなってしまうとボールは当たりにくくなってしまいます。

 

前傾姿勢の基本は足が上がるポジションである股関節から前傾角度を作っていくのですが、この動作を専門用語では屈曲といいます。

 

そして、その屈曲の前傾角度を程よくキープすることでアドレスが完成します。

この2つのポイントはクラブの入射角に大きく影響してきますし、クラブ選びでも個人差の出てくるポイントになってくるのです!

 

 

 

 

理解その②股関節の動作について

 

股関節は全部で以下の3つ×2=6方向に動きます。

 

①内転・外転

②屈曲・伸展

③外旋・内旋

 

 

バックスイングではボールを遠くに飛ばすためにエネルギーを蓄える役割があります。とにかく出力を溜め込みたい!

 

では分析してみましょう!

アドレスからバックスイングが始まる時、股関節の動作として『右股関節の折り込み』が必要になってきます。

 

 

それは②にある、屈曲という動作です。

さらにバックスイングで股関節は左股関節の③外旋・右股関節の内旋という動作が始まるのですが…

 

とーっても難しいですよね?

 

なかなか意識して出来ないですよね?

 

しかし、この専門用語と3Dの動作を理解しておくとこれからいいことがたくさんあるのです!

 

それは誤解が減るということ。

 

専門用語を誤解が無いように、しかもわかりやすく伝えるって結構難しい…。

ゴルフのような複雑な動作を的確に伝える為にはこの専門的な用語のシェアが上達への近道になる様に思います!

 

専門用語を理解することで、意識の質も上がり日常やトレーニングなどでやるべき事が明確になります。

 

 

まとめ

 

とーっても難しい股関節の専門用語。

これはすごく大事な上達へ勉強の1つなのです。

知らないままでいい?

知っていた方がいい?

 

選手として思うのは

 

○知っていた方がいい!ということです。

 

知らないままでいることで

誤解から代償動作が生まれて怪我をする恐れもあります。

 

身体の仕組みを理解することは健康とゴルフの上達への道に繋がっているのです!

 

文:ライター プロゴルファー 大谷奈千代

2020/11/20

バンカー脱出!~サンドウェッジくんの気持ち~

皆様こんにちは!コースでプレーしていますか?
私がゴルフのレッスンをさせて頂くようになってもうすぐ1年になります。
レッスンを通じて、たくさんの方のお悩みを聞いてきました。
『ボールを遠くに飛ばしたい!』、『スコアアップしたい!』などなど。
その中でも『バンカーからの脱出が上手くいきません。。。』というお悩みも聞くことがしばしば。
バンカーからの脱出が上手くいかないと、とても辛い気持ちになりますよね…
みなさんのお気持ち、よく分かります。
 
ゴルフはボールを目標に運ぶスポーツで、その重要な役割をしているのはゴルフクラブです。バンカーからの脱出の際、活躍してくれるのはサンドウェッジです。
今回はちょっとメルヘンにサンドウェッジくんの気持ちになってバンカーを研究してみましょう!
 

バンカーでのサンドウェッジくんの気持ち

 
サンドウェッジくんの仕事の一つにバンカーからの脱出があります。
バンカーとはルールでも説明されていますが砂の上からテクニックをテストされるエリアです。
砂と芝の上では難易度が違う(当然砂からの方が難しい)ので、プレーヤーは砂から脱出できるのか?!
という能力をテストされています。
サンドウェッジくんは、砂からのボール脱出業務中、傷だらけになってとても痛い思いをしています。バンカーからボールを脱出させるには、砂の質がどうなのか?で難易度が変わってきます。
 
では皆さん、少しサンドウェッジくんの気持ちになってバンカーでの砂質について考えてみましょう。
 
Q.1
バンカーの砂は『乾燥している』のと『湿気ている』の、どちらがやさしいでしょう?
 
1.やさしいのは『乾燥している』難しいのは『湿気ている』
2.やさしいのは『湿気ている』難しいのは『乾燥している』
 
★ヒント★
砂はある程度固い方がクラブは砂に入り込み過ぎず、上手くボールに当たりやすいのです。
 
続いて第二問です!
 
Q.2
バンカーの砂粒は『大きい』のと『細かい』の、どちらがやさしいでしょう?
 
やさしいとは、ボールにスピンがかかって止まりやすいことです。
難しいとは、反対にスピンがからず転がりやすいということです。
 
1.やさしいのは『大きい』難しいのは『細かい』
2.やさしいのは『細かい』難しいのは『大きい』
 
★ヒント★
サンドウェッジのフェイス面に溝がある理由がヒントです。溝にひっかかってスピン量が増えます。ということはバンカーの砂粒の大きさでスピン量が変わるということです。
 
どうでしたか?イメージ湧きましたか?
 
Q1の正解は2、Q2の正解は1です。
サンドウェッジくんはバンカーの砂質で難易度を読み取っているのです!
 
 
 

まとめ

 
バンカーからの脱出の際は、少し湿気があって、砂粒が大きいという条件が揃うとボールはバンカーから脱出しやすくなり、止まりやすくなることをサンドウェッジくんは知っているのです。
 
皆様もバンカーに入った際は、サンドウェッジくんより先に、足場のチェックをしてバンカーの難易度を調べてみて下さい!
 
文:ライター 大谷奈千代

2020/11/18

パター上手になる⁈ゲートキーパーってなんだ?

自宅でのパター練習というと、パターマットが一般的ですよね。

パターマットの種類によっては、通常サイズのカップと小さいサイズのカップがあったりします。

パターマットでの練習もとても重要だと思います。しかし、そのカップに入れるためには、どのように打つといいのか、どのようにストロークしたら入る確率が上がるのかを知る必要があります。そのヒントを得られるパッティング練習器具、 “GateKeeper”(ゲートキーパー)を今回はご紹介致します。

 

 

 

ゲートキーパーが教えてくれること

 

ゲートキーパーは、オーストラリア、シドニー発のAI GOLFという会社が展開している練習器具です。このゲートキーパーが教えてくれることは以下の5つです。

 

〇クラブ軌道のずれ

クラブ軌道が緩やかなイントゥイン、もしくは直線的な軌道から外れてしまうと、鉄球がゲートにぶつかります。最適なクラブ軌道でストロークを行えば、ゲートに鉄球がぶつかることはありません。

 

〇フェースローテション

ストローク中にフェースローテション(フェース面が開いたり閉じたり)が大きくなると、鉄球がゲートにぶつかってしまいます。最適なフェースローテションでストロークを行えば、ゲートに鉄球がぶつかることはありません。

 

〇ライ角の変化

ストローク中にライ角が大きく変わってしまうと、ゲートに鉄球がぶつかります。

大きなライ角変化が起きないようにストロークすることで鉄球はゲートにぶつからず通りぬけていきます。

 

 

 

〇ロフトの変化

ゲートキーパーの鉄球が大きく揺さぶれた場合は、ロフトの変化が大きい可能性があります。ロフト変化が大きいと距離感に影響がでてきます。ショートしたり、オーバーしたりというミスが起きやすくなります。

 

〇テンポ(加速度)

振り子のように鉄球が動けば、テンポは一定ということになります。

しかしながら、突然、鉄球が速く動くようなことがあれば、それは振り子の動きからは遠ざかっていることになります。また、鉄球の動きがない場合は、加速を作らないタイプという判断もできます。

 

動画で説明しているものがあるのでぜひご覧ください。

Ai Golf YouTube

 

https://youtu.be/7GpsnLwp0nc

 

 

撮影して確認するのがおススメ

 

まずは、素振りから始めてみると良いかもしれません。

いきなりボールを打とうと思うと鉄球も気になり、なかなかうまくいきません。

スマホなどを用意して、素振りを録画してストローク中の鉄球の動きをみるといいと思います。動画を撮る位置は、後方、正面とそれぞれ撮ってみるのもおすすめです。撮影することで、どの動きが原因で鉄球がゲートにあたっているのかが確認できます。

 

 

ゲートキーパーをマスターすれば、絶対にパターが上手くなるとは言い切れませんが、まずは“自分の癖”に気がつくことができます。その癖を活かすのか、もしくは修正していくのかは自由です。“パッティングに型なし”といわれますが、自分の型を見つけるには、最適な練習器具になることでしょう!

 

まずはゲートキーパーを使用して、自分のストロークに何が起こっているのか?確認してみてはいかがでしょう。パッティング上手になるためのヒントをたくさん得ることができますよ。

 

 

ゲートキーパーのオンライン購入はこちら↓

 

https://enjoy-golf.shop-pro.jp/?pid=150536858

 

 

文:ライター ゆき

2020/11/13

ドライバーのスライスに悩む人がやりがちな「やってはいけないこと3つ」

さあいよいよゴルフのベストシーズン到来!まだまだ新型コロナウイルスの影響が残る世の中ではありますので、エチケットに気を付けながらゴルフを満喫しちゃいましょう。
 
さて、今回は誰しもが一度は苦しむドライバーのスライスについてのお話です。
これだけ多くの人が同じ悩みを持つということは、裏を返せば同じ願望があるということ。
同じ願望があるからこそ似た動作を行ってしまいそれがミスへと繋がるわけですね。ではその「同じ願望」とはなんでしょうか?
 
ズバリ“飛距離”です。皮肉にも多くの悩みはこの飛距離を追求するゴルファーの純粋な願いから生まれているのです!
ということで今回はドライバーのスライスに悩む人がやりがちなこと3つと、その改善方法について書いていきたいと思います。
 
 

『押し込み型スライス』

 
押し込み型スライスとは、インパクトゾーンで手がターゲット方向に動くことでフェースが開いてしまい、ボールが右に飛び出してさらに右に曲がってしまうものです。ゴルフ用語では「プッシュスライス」とも呼びます。
飛距離と方向性を担保したくて、ついつい手をターゲット方向に押し込みたい気持ちが出てしまうものです。
 
しかし、ドライバーのヘッドというのはフェース面からだいぶ後方に重心があります。手元はグリップ、シャフト、そしてヘッドの付け根(ネック)部分に繋がります。手元を真っすぐターゲット方向へ動かそうとすればするほど、ヘッドの重心は後ろへ回り込もうとするため、かえってフェースが開いてしまうのです。
 
ではどうするか?もっとヘッドの重心に遠心力をかけるのです。クラブがターゲット方向に進んでいくのは自分が軸回転することで起きるもので、決して手を押し込む必要はないのです。体を回してヘッドに遠心力がかかれば、重心は遠ざかろうとするので徐々にフェースは閉じていく方向へ向かうのです。手は体の前、体の軸が左にズレないように気を付けながらヘッドが遠心力で重くなっていくのを感じられるように素振りをしましょう!
 
 

『すくい打ちスライス』

 
すくい打ちスライスとは、インパクトゾーンで手首をひっぱたくように動かすことで、フェースが開いたり急激にヘッドがインサイドへ動くことでスライス回転が入ってしまうものです。
 
手首とスイング軌道の関係についてはまず右手首を目の前に出して確かめてみると良いでしょう。
例えば、手を甲側へ折るとクラブは後ろに残ります。手首を真っすぐにするとクラブは自分から一番遠ざかります。そして手のひら側へ折ると体の左サイドの内側にクラブは移動します。
 
つまり、手のひら側へ折れるということはアウトサイドイン軌道へ向かうということなのです。
このアウトサイドイン軌道の途中でボールを捉えるとボールにはスライス回転が入ってしまうのです。
多くの場合はボールを上げたい気持ちであったり、ドライバーゆえにボールを左足寄りにティーアップして、そこにヘッドを向かわせようとして手首を使ってしまったりすることによるものです。
 
どうしたらいいかと言うと、例えばテニスや卓球のスイングのように、あまり右手首の角度を変えずにインパクトを迎えると良いでしょう。
または、子どもに下投げでボールをパスするイメージでも良いでしょう。この少しだけ右手首が甲側におれた形でインパクトを迎えるというのがポイントです。
 
 

『体開き型スライス』

 
体開き型スライスとは、ダウンスイングで急に上半身が左へ回ってしまい、あとからクラブが降りてくるためにアウトサイドイン軌道になりスライスしてしまうものです。
 
これも原因は飛距離の追求で、体を素早く回転させようという思いが上半身を過剰に動かしてしまうのです。
体の周りにあるクラブの通り道を面状に描いたものを「スイングプレーン」と呼ぶことがありますが、体を開くとこのスイングプレーンが急激に左を向くので、アウトサイドインでボールを打ってしまい、スライスするのです。
 
対策としては、切り返しの時に胸の向きを後方に向けたまま重力に任せて腕を振り下ろすことです。
体の開きが早いというのは言い換えればクラブが降りてくるのが遅いということ。降りてくるのが遅いからアウトから入るのです。
ですから、あえて体の開きをおさえることで腕が振られる時間を作ってやると、インサイドアウト軌道で打つことができ、ボールにはドロー回転がかかるようになります!
 
 
いかがだったでしょうか?
スライスに悩む方の多くは以上の3つのどれかに当てはまる可能性が高いです。
是非一度ご自身のスイングをチェックしてみてくださいね!
 
文:ライター アッキー永井

もっと見る