最新記事

2020/10/23

北海道のゴルフコース 増毛ゴルフ倶楽部をラウンドレポ!

北海道増毛町(ましけ)にある増毛ゴルフ倶楽部は、千歳空港から車で約2時半。
旭川空港からは、約2時間の場所にあります。
増毛町は日本海側に面した港町です。
8月の平均最高気温は25度、また平均最低気温は17度、と夏場でも朝晩は冷え、長袖は持って行った方がよいでしょう。
ただ、快適にゴルフができる最高の気温でもあります。

 

 

増毛町は旭川から西の方角です。

Googleマップより

最高のロケーション

とにかく、景観が素晴らしくて何度も何度も写真を撮りました。
ゴルフコースは少し高台にあるため、町の眺めもよく、海の眺めもとても良いです。

 

 

下の写真は、18番ホールです。

 

 

ラウンドしたときのコースコンデションは、散水の機械が壊れてしまったそうで、フェアウェイは所々、土が見えてしまっているところもありました。
ですが、かえっていい練習にもなりました。
グリーンは、硬めでやや速く感じましたが、支配人の話によると、もっと通常は速くて硬いそう。。

今回プレーした際には、強い風がほとんど吹きませんでしたが、5月や9月には、風がとても強くなるそうです。「ザ・リンクスコース」を味わえるといいます。
それでも、海風は水分量が多いせいか、内陸の風とは違い、思いのほかボールに影響がありました。風の影響を考えながらゴルフをするのも楽しかったです。

風の強さによっては、グリーン上でボールが止まらないこともあるそう。。
恐ろしいです。。。

 

 

写真は1番ホールの残り150ヤード地点です。
右奥には、日本海と増毛の町が見渡せ、夕方になると海に沈む夕日がとてもきれいです。

コース全体としては、適度にアップダウンのあるホールとフラットなホールがあります。
いろいろなライからのショットを求められます。

 

 

プレー中にはキツネとも遭遇。
本当に大自然の中でゴルフをしていました。

 

 

プレースタイルとしては、1ラウンドスループレーになります。
ボールまでの移動には、2人用カートと、1人用のバイクがあり、フェアウェイの走行が可能です。打ったボール地点までスイスイ行けます。

 

印象に残った17番ホール

このホールはPAR3で、ブルーティから186ヤード、フロントティからは170ヤードのホールです。海から吹く風がある時は、とても距離感が難しくなるホールになります。

 

ティーイングエリアからの写真です。
日本海にむかってティショットをします。
この景色の中でいつまでもゴルフをしたくなりました。

 

 

夕方の17番ホールグリーンです。
実際は写真以上に美しいです。この景色の良さを伝えきれないのが悔しいです。

 

まとめ

増毛ゴルフ倶楽部はとても素晴らしいロケーションの中でゴルフができます。
硬くて速いグリーンは、ランの計算をしてショットを打つことが求められます。
海水をたくさん含んだ海風は、経験しなければわからないことが多くあります。
肌で感じた風の強さがどれくらいか、その強さによってどれくらいボールに影響が出るのか。風速OOmという情報でもひとつの基準にはなりますが、体感しなければ自分のボールの影響度合いはわからないでしょう。増毛ゴルフ倶楽部は、とてもたくさんのことを学ぶことができた最高のゴルフコースでした。また、必ず行きたいゴルフコースです。
次は、「リンクス」を体験しに行きたいと思います!

 

 

美味しい海の幸も存分に味わえる増毛町です!

 

 

増毛ゴルフ倶楽部HP: https://www.mashike-golf.jp/
増毛町HP: https://www.town.mashike.hokkaido.jp/

文:ライター ゆき

2020/10/21

アディダスゴルフシューズ “コードカオス”

少し前は、真夏は暑すぎてゴルフ客が減ると言われていたものですが、はて雨によるキャンセルとどちらが痛手なものか。なかなか一筋縄ではいかないのが屋外スポーツ。
しかし、しっかりと雨対策をすればむしろ雨の日にゴルフがしてみなくなるかもしれないですよ。さて、今回は大手メーカー「アディダス」よりリリースされたスパイクレスシューズ「コードカオス」についてのレビューです。どうもカオスと聞くと穏やかでない雰囲気がありますが、いったい何がカオスなんでしょうか?
 

ここがカオスだよ!コードカオス

ちょっと某有名番組のフレーズをお借りしてみました。日本語公式サイトによると今回の特色はそのアッパーの作り、グリップ力、クッション性、フィット感の4つにおいて「異次元(CHAOS)」であるとのこと。実際に履いてみた感想をお伝えしたいと思います。
 

◆アッパー部分について

まずアッパーですが、見た目通り少しノッペリした表面になっています。ですがこれは特殊なフィルムで覆っているからで、実はニット素材を織り込みながら構成されているため通気性と防水性を獲得しつつ軽量化が実現できているのだそう。今回は2日間のラウンドで使ってみたところ、ちょうど両日ともに雨でしたが靴の継ぎ目が少ないのもあってか防水性能については今まで使ってきたスパイクの中でも1,2を争う高い性能でした。
 
 

◆驚異のグリップ力

次にグリップ性能。これぞ一番カオスらしい一面だと思うのですが、なんですかこの無秩序な突起は(笑アディダスいわくこう見えて計算されつくした結果、この形この配置になっており、むしろこうすることで様々な状況下におけるグリップ力を提供しているようです。実際、様々な傾斜地でも足が滑ったりグリップ力が足裏の一部に偏ったりすることがなかったように感じました。
 

◆快適な着用感

続いてクッション性だが、これも丁度よいといのが率直な感想です。どちらかと言うと柔らか目のインソールが個人的に好みなのですが、インソールに厚みがありすぎるとかえって不安定になりがちなものです。しかし、このコードカオスに使われているインソールは柔らかさがありつつも、さほど厚みがないので程よく地面を感じ取れました。フィット感についても申し分ないと感じました。
 
この点についてはコードカオスに限ったことではないのですが、最近スパイクレスシューズも相当数バリエーションが増えています。その中で大きく2つに系統を分けることが出来て、いわゆるゴルフシューズ寄りのものとスニーカーよりのものです。スニーカー寄りのものはヒールカップ(かかとを入れる部分)が少し低くなっていることがあります。くるぶしが見えて軽快な印象であるものの、どうしてもスイング中に少し踵が靴の中で浮いたりすることもあります。私はこれがちょっと苦手だったのでゴルフシューズ系のスパイクレスを探していたところ、コードカオスに出会ったというわけです。
 
 

まとめ

というわけで今回はアディダスの「コードカオス」についてレビューさせてもらいましたが、とにかくゴルフシューズの進化はすごいです。今ではスパイクレスもポピュラーな存在ですが、私が学生だった10年前のときには全然信頼を得ていませんでした。それが今やシューズ売り場の過半数を占める存在になってしまうとは。鋲付きのタイプをお使いの方、今お使いのスパイクレスが少し擦り減ってきた方、是非一度試着してそのカオスさを体感してみてはいかがでしょうか。
 
文:ライター アッキー永井

2020/10/16

霞ヶ浦南岸のなだらかな丘陵林間コース「桜ゴルフ倶楽部」をラウンドレポ!

 琵琶湖に次いで、日本で2番目に大きい湖「霞ヶ浦」の周りには数多くのゴルフコースが点在しています。今回はそのうちのひとつである「桜ゴルフ倶楽部」の南・西コースをラウンドしてきました。さっそくレポートにまいります!
 

昭和44年開場、個性豊かな27ホールの魅力

霞ヶ浦を一望できる美しい景観は見事の一言です。
名に冠する通り、桜の季節であればさらに美しさが増すことでしょう。
 
しかし、キレイなだけじゃないのが「桜ゴルフ倶楽部」。
過去には18ホールのコースだった経歴がありますが、今現在、東・南・西の3コースで構成されています。美しく、挑戦し甲斐のある、飽きさせない27ホールです。
旧18ホールの設計監修は関東プロ協会で、各ホールのティーグラウンドには設計プロの名前が掲げられています。
 

行き届いた施設とサービスにありがたみを感じる

 
 
エントランスをくぐると、趣のあるロビーとショップが迎えてくれます。ロッカールームも広く、準備の時間も快適です。
 
 
練習施設は、大きなパッティンググリーンとアプローチ練習場が備わっています。ラウンド前にしっかりとフィーリングを合わせておきましょう。
 
 
各コースにひとつずつ配置された茶店ではしっかりと従業員の方が出迎えてくれます。飲み物だけではなく、軽食やアイスも購入できるのでオススメですよ!
 

侮ることなかれ、確実にフェアウェイキープを心掛けよう!

 
コースレイアウト自体は、打ち下ろしからの打ち上げ、打ち上げからの打ち下ろしと、緩やかなアップダウンのあるホールが多い印象でした。
 
 
セッティングはややハードに感じられます。しっかり刈り込まれたフェアウェイは快適そのものですが、ラフの長さに苦戦すること必至です。毎ショットでフェアウェイキープしていくことが、スコアメイクの鍵になるでしょう。
 

都心から1時間強。リーズナブルで好アクセスの「桜ゴルフ倶楽部」でぜひラウンドを!

 
最寄りインターは東関東自動車道・稲敷東IC。高速を降りて15分ほどで到着します。都心からのアクセスは非常に良好ですね!
電車をご利用の方はJR常磐線土浦駅からタクシーで約40分。土浦駅西口から発車している路線バスを利用する場合は、近くのバス停までの送迎サービスがありますので詳細は公式サイトをチェックしてみてください。
桜の季節でなくとも美しい。そんな「桜ゴルフ倶楽部」でぜひラウンドしてみてください。それではまた次回のラウンドレポをお楽しみに!
 
桜ゴルフ倶楽部HP:http://www.sakurasgo.com/
 
文:ライター おと

2020/10/14

こんな使い方も!アライメントスティック活用法

皆様も一度は見たことがあるのではないでしょうか?
こちらの棒は「アライメントスティック」とよばれています。
今回はこのアライメントスティックについてお話ししていきたいと思います。
 
 

アライメントとは?

ゴルフで言う「アライメント」とは、目標方向に対して自分の肩や膝、クラブのラインを並行に合わせることを指すので、その名の通り目標方向に合わせやすくするスティックです。しかしこのスティック、アライメント矯正だけでなく、スイング矯正にも多く用いられています。
 

スイング矯正にも使えるアライメントスティック

このアライメントスティックを使って、スイングの矯正方法をいくつかご紹介していきたいと思います。
 
①腰の回転チェック
アマチュアの方の多くが体を充分に捻れず、回転不足になってしまいがちです。
そこで腰の回転が充分なのか、セルフチェックするのにもこのスティックが役立ちます。
画像のように、まずベルトの穴にスティックを通します。(左側が長めになるように)
 
 
トップポジションではスティックが正面(顔の向きの方向)に向くように意識します。
 
 
そして、インパクトでは左後ろ側に向くように意識してスイングします。
 
 
また、この時スティックが極力上向きにならないように注意するとなお良いです。(できるだけ地面と並行、もしくはやや下向きでもOK)
 

②ハンドファーストチェック

 
特に短いアプローチでのハンドファースト作りに最適です。
アマチュアゴルファーの方の多くはなかなかハンドファーストを作れず、いわゆる手打ちスイングでアプローチをされています。
 
 
画像のように、グリップとスティックを一緒に持ちます。
 
 
スティックが左腰のすぐ横に(やや隙間ができるように)来るようにアドレスします。
あとはその隙間を常に一定に保つように意識してスイングしていきます。
 
 
 
バックスイングでスティックと体のと隙間が大きくなったり、インパクト以降でスティックが体にぶつかると、体より手の運動量が大きくなっている証です。
 
逆に隙間を一定に保てることで体主体のスイングとなり、自然とインパクトではハンドファーストの形が作りやすくなります。
 
③タメチェック
スイングの切り返し時のタメチェック(練習)にもスティックが使えます。
ハンドファーストの形にもつながってくるのですが、切り返しでシャフトと腕で作られるタメ(角度)が早く解けて、インパクトでハンドレート(手より先にクラブヘッドがボールを迎えてしまう形)になってしまうアマチュアの方が多いです。
 
 
まずはこちらもグリップとスティックを一緒に握ります(スティックが少しはみ出す程度)。
 
 
通常通りバックスイングを行い、
 
 
ダウンスイングではスティックが右下の地面を指すように意識します。
 
 
あとは体を左へ回転させていく動きを主体にスイングしていきます。
 
 
この意識で、タメとハンドファースト作りの両方に効果がある練習になります。
もちろん、上記以外にも使い道が多々あるのですが、今回はこの3つを紹介させていただきました。
また、上記の練習を行う場合は、素振りかもしくはボールを打つにしてもすごくゆっくりスイングすることをお勧め致します。
 
文:ライター ヒデGOL

2020/10/07

パターのグリップの握り方。クロスハンドグリップについて

パターの握り方は通常のショットと比べてストロークする時にグリップ圧をそこまで必要としないため、人差し指を伸ばして握ったり、片手は指でつまむようにしたりして変わった握り方をする人も多くいます。
 

 
(人差し指伸ばして握る。)
 

 
(指でつまむようにして握る。)
 
その中でも今回はアマチュアゴルファーだけでなく、プロゴルファーからも多く愛されている「クロスハンドグリップ」について考察していこうと思います。
 

まずクロスハンドグリップとはどのような握り方なのか?

 
通常、右打ちの方がパターを握る場合は、右手がシャフト側(下側)・左手が体側(上側)に来るものですが(左打ちの方は逆になります)、クロスハンドグリップはその逆で、左手がシャフト側(下側)・右手が体側(上側)に来ます。
 
 
 
写真①逆オーバーラッピング
グリッププロアマ通して最もポプュラーな握り方
このように右手がシャフト側(下側)、左手が体側(上側)にきます。
 
 
写真②クロスハンドグリップ
 
クロスハンドグリップは、左手がシャフト側(下側)、右手が体側(上側)になります。
 

クロスハンドグリップのメリット

基本的には、通常の握り方でパターが上手くいかない、もしくは上手くいかなくなった方がクロスハンドグリップを試してそのまま採用される方が多いのですが、通常のグリップと比べてクロスハンドグリップの良いところというのは何なのでしょうか?
 
①手首が使いづらくなる
基本的に利き腕が右の方は、右手首をこねて使ってしまいがちです。
手首をこねることでヘッドスピードにばらつきが出やすくなり、結果的に距離感が合わせにくくなってしまいます。
しかしクロスハンドグリップにすることで、手首が固定され、こねづらくなり、距離感に安定感がもたらされます。
 
②インパクトゾーンが低く長くなる
手首を使ってしまうと、インパクト直後からクラブヘッドが上昇しやすくなるため、安定したストロークができなくなり、ミート率が低くなりやすいです。
しかし、クロスハンドグリップで手首が固定できればインパクトゾーンのクラブヘッドの動きが低く長く動きやすくなるため、打点位置が安定しやすくなります。
 
③ボールの回転がよくなりやすい
安定したミートができれば当然ボールの回転も良くなります。
ボールの回転が悪いと、曲がらないラインでボールが曲がってしまうことがあります。そして、その結果カップの両端からのカップイン確率が極端に減ります。
 
逆にボールの回転が良いことで曲がりそうなラインでもあまり曲がらず真っ直ぐ転がりやすくなります。また、カップの両端からでも蹴られずカップインする確率も高まります。
 

クロスハンドグリップのデメリット

ここまではクロスハンドグリップのメリットについてお話しましたが、では逆にデメリットはあるのでしょうか?
基本的には良いことづくしのように見えるクロスハンドグリップですが、1番の欠点は「利き手ではない左手が主体となる」ことです。
これにより、クラブヘッドの軌道がフラフラと不安定になる方もいれば、手の感性が失われ、距離感が合わせづらくなる方もいます。
ですので、クロスハンドグリップに慣れるまでにそれ相応の練習量が必要になはなります。
逆にそこさえクリアできてしまえば上記のような良い点が待っているので、練習する価値はあるかと思います。
パターに悩みがあって、まだクロスハンドグリップを試したことがない方はぜひチャレンジしてみてください。
 
文:ライター ヒデGOL

もっと見る